◆絵本 by らむね的通販生活  
blueline.jpg  
大人もこどもも、夢中になる絵本。ファンタジー、昔話、神話など、古今東西の絵本をどうぞ
らむねがよく利用するのは↓
幼児向け雑誌の定期購読おはなし絵本クラブトイザらス楽天ブックス 絵本・児童書アマゾン こども| 

2013年12月06日

孫が本気で喜ぶクリスマスプレゼント(週刊朝日2013.12.6号)

マスコミ登場のご連絡をすっかりさぼっていて、特にテレビ関係はほとんどスルーしちゃっているのですが、今年もいろいろ出させていただきました。

とりあえず、最近のものから徐々にご紹介します。週刊朝日の特集で、「孫が本気で喜ぶクリスマスプレゼント」で、専門家のひとりとしてご紹介させていただきました。

本文で、まず力説したのが、リサーチは子供でなくて親にしろ。娘の子供でも、息子の子供でも、子どもたちよりも、娘か息子の奥さんか、特に女親へのリサーチが必要。今の子どもたちは、ゲームや食べ物など、親のルールのもと生きています。というよりも、親が一定のルールで子供を守らないと、それこそ、とんでもない状態になりますから。ゲームを許している範囲も、DSは駄目だけどWiiならいいとか、非常に微妙なルールを敷いている家庭も珍しくありません。孫の歓心を買うために、本当に彼らが欲しい物をあげちゃうというのは、ものすごく親にとってはありがたいことでもあり、ありがた迷惑でもあり。

実際にご紹介したのは本物でかつ、お孫さんがすくすく育って欲しいという気持ちが届くおもちゃばかり、のつもり。お子さんにももちろんおすすめです。

■ボーネルンド
クアドリア ツイスト&レールセット


男の子ならたまりませんね。女の子にも空間的な発想を育成するために非常にいいと思います。4歳以上とありますが、もうちょっと小さいお子さんにもいいかも。集中力を育てます。


ロバート・サブダの飛び出す絵本

ロバート・サブダ.

ロバート・サブダの絵本は、もう大好き。私がほしいかも。様々な年齢にあわせてそろっていますし、英語版もあるので、英語に興味を持ちだしたお子様にもいいかも。


未来図鑑夜光 星座時計 全天星座時計

これもうちでほしいかも。この未来図鑑は、宇宙や科学に興味のあるお子さん向けのamazon内ショップ。非常に素敵なお店です。


レゴ 基本セット 7615 青いバケツ

レゴ 基本セット 7615 青いバケツ

レゴ 基本セット 7615 青いバケツ
価格:2,819円(税込、送料別)

これはうちの子供もたいへんお世話になりました。レゴはいくつあってもいいですね。青いバケツを最初に購入するおうちが多いのでは。


ドイツ・セレクタ社のドールハウス

これは高価!女の子だったら喜ぶだろうな。これもちょっと私がほしい。

>>続きを読む "孫が本気で喜ぶクリスマスプレゼント(週刊朝日2013.12.6号)"

blank_space
2006年10月17日

期間限定 謝恩価格本フェア

読書の秋ですね。本のバーゲンをやっているサイトがあるのをご存知ですか?それも半額!日本の一流の出版社が共同で行っている企画です。今年で4回目だそうです。


バーゲンブック.jp

絵本はもちろん、写真集しかけ絵本など高価なものもすべて半額!

これは注目です!すでに売り切れのものも出てきていますから、お早めに!12月12日までです。

わたしは、学習歴史マンガにとっても心惹かれています。

去年の記事と一緒ですが、今年も充実していますよ!


blank_space
2004年11月30日

しかけ絵本のカリスマ ロバート・サブダ Robert Sabuda ●3歳以上におすすめ

2003年のクリスマスに私からプレゼントしたのが、このCookie Countというすばらしい仕掛け絵本。

どうやら、仕掛け絵本にもカリスマがいるらしく、Robert Sabuda(ロバート・サブーダ)
はたくさんの仕掛け絵本を手がけています。そして、この作品もそんな彼の作品です。

Cookie Count: A Tasty Pop-Up
Cookie Count: A Tasty Pop-Up

ものすごくかわいくて、おいしそうで楽しいのです!まおまおも、かなり長い間、枕もとにおくほど、気に入ってくれました。

単なるポップアップではなく、複雑でウィットに富んだしかけは、大人の心もくすぐります。彼の作品は全部手にしてみたくなるほど。

少々高いけど、お子さんと、お母さんのためにぜひぜひな本です。


blank_space
2004年09月28日

人体絵本

今、人体の不思議展が、人気を呼んでいるそうです。それも女性に。わたしはちょっと、ご遠慮つかまつりますぅという感じですが、まおまおのために買ったこの人体絵本までは、正視できます。

人体絵本―めくってわかるからだのしくみ
人体絵本―めくってわかるからだのしくみ

ちょっとおなかが痛いときとか、「うーん、この場所は小腸だ」とか、よくERを見ているとでてくる「ひ臓」っていうのがどこにあるのかとかが、ほんとよくわかる。

赤ちゃんがどうやってお腹の中にいるのかとか、子供を産んだ経験があっても意外と知らないもんでしょ?これだとリアルに、おお、まおまおはこんな感じでいたのか、とよくわかる。ためしに「こうだったの?」と聞いたら「そうだよ」と返された。覚えているもんか。

ちなみに、ものすごーく自然にさらりと赤ちゃんのできる仕組みなぞが、自然だけどリアルに文章で表現されちゃっていたりするので、ある程度の年齢のお子さんのいる方は、一応注意してみてください。いきなり読むとショック受けたりしちゃうかも。まあ、こういう本で、そういう仕組みを知るというのも、いいのかな。(ちなみにわたしは、小五のときにコバルト文庫「放課後の青春」にて知った)


blank_space
2004年09月03日

夢の江戸歌舞伎

まおまお3歳頃の超お気に入り。

子供って、ぺったりした絵が好きかと思えば、「ウォーリーをさがせ」のような、異常に細かい絵が好きなことってありません?おねんね前の絵本として、ある時期ずっとご指名をうけていたのが、この本。

夢の江戸歌舞伎
絵本 夢の江戸歌舞伎

とにかく大人も絶句します。この絵のすばらしさ!!アマゾンのアフィリエイトをつけておいてこんなことをいうのもなんだけど、お願いだから、一度、書店で手に取ってから買ってください。値段も高いしね。

本文もいいけど、うすっぺらい解説が、新書を読むくらいに読み応えあり。お芝居というものが江戸の暮らしとどのように結びついていたのかが、まるで絵から聞こえてくるような、におってくるような、そんな感じがする本です。

子供をミュージカルにつれていくと、大人から白い目を向けられること、ままありますよね。歌舞伎なんて赤ちゃん連れて行ったら、もうその親は、即アウト!でもね。昔は子供もこういうエンターテインメントの世界に気軽に連れて行けたのよ。ハレの空間に、えらい人も、じいちゃんも、ばあちゃんも、子供も、赤子も一緒に同居していたのよ。ふぅ。

そんなおおらかな江戸の芸能空間を、ぜひただよってみてください。

ちなみに、まおまおは、各ページに生息する猫を数えるのが好きでした。



blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space