■オンラインショッピング☆ナビゲーター by らむね的通販生活  
blueline.jpg  

2014年02月19日

日経WOMAN3月号に協力しました

日経ウーマン3月号の第二特集は「貯め上手は「お金の使い方」が9割」という特集。そのネットショッピングの特集です。ネットショッピングの裏技を2ページたっぷり紹介していますから非常に便利ですよ。

第一特集の「体と心の不調すべて解消します!」も、非常にいい特集です。ぜひ、手にとって見てください。

日経 WOMAN (ウーマン) 2014年 03月号 [雑誌]


blank_space
2009年11月10日

第13回 オンラインショッピング大賞 グランプリは「わんのはな」

■グランプリは「わんのはな」
wan.jpg


愛犬のアレルギーがきっかけで、わんちゃん専門のオーガニックショップを開設。犬は人間よりも体が小さいので、人間よりももっと食べ物の影響を受けやすいそうです。だからこそ、無添加にこだわって、ドッグフードを開発しています。お客さんを集めてのパーティーをしたり、さまざまなアクションを起こしるそうで、ちょっとお話を聞いて感動してしまいました。今、取り組んでいるのは、「食と住環境」「捨て犬」「ワークドッグ」「動物実験」「ブリーディング」「教育と躾」だそうです。

魅力的な商品としては、愛犬も人も使える自然ケアということで、みつろうで作った肉球オイル。これ、リップクリームなど人間用のクリームとしても使えるそう。冬はがっさがさの唇になってしまう私としては、見逃せません!

ペットフードの市場は、今や年間2700億円規模。スナック菓子の2800億円に迫る勢い。そのなかで、無添加というニッチではあっても確実に犬を愛する人に訴求するショップは、今後もいろいろな意味で楽しみかと思います。また犬を飼いたくなってしまった。


■最優秀大規模サイト賞は、越前かに問屋「ますよね」
masuyone.jpg

授賞式は欠席していらっしゃいましたが、とても魅力的なカニ中心のお店です。カニも一時期のブームから競争が厳しくなって、スイーツとか水産物以外のものに手を広げるところも多いけれど、水産物一筋というのが、好感持てます。

カニ一匹を処理するのは下手なので、この足だけというのは魅力的。蟹のおいしい季節ですね。


■最優秀中規模サイト賞は、水郷のとりやさん
suigo.jpg

ここの店長さんとは昔からお知り合いですが、すごく素朴な感じの方ですが、すっかり大御所になりました。クリスマスの季節にはローストチキンなどの大賑わい。

今、いちホん人気なのがこのレバーペースト。売り出すとすぐになくなってしまうそうです。工場ではなく、工房にこだわる。そんなお店です。


■最優秀小規模サイト賞は、山内鮮魚店
yamauchi_00001.jpg

実は今回一番心をつかまれたのがここのお店。写真が訴えるシズル感が抜きんでていました。店長さんにお話を聞くと、やっぱり前職カメラマン。ご実家の鮮魚店を新しいセンスで、ネット展開なさっているのが成功の秘密でしょう。

それと、安い!ここのホタテのわけありは、9枚から13枚の2キロ送料込みで、なんと1999円!

「ホヤは九州からの注文が多い」なんていう面白いお話もいただけました。


■奨励賞は、財布などのファッション通販S本店
shiraishi.jpg

ここも好きでした!S本店という名前が「何々?」という感じですが、白石さんがやっている白石商事だからの「S本店」だそうです。

スタイリッシュな極小財布は、ひとつ欲しいなと感じさせるし、独自サイトだけどレビューやアフィリエイトなどの工夫もあります。サイトの作りもとってもシンプルでおしゃれ。一見さんでも、買ってみたいなと思わせる魅力と安心感があります。


ということで、今回は食べ物(人間の)が3点と、その他2点というバランスでした。また素敵なショップに会えますように。


blank_space
2008年01月10日

2007年に売れたもの、2008年に売れるもの

みなさま、明けましておめでとうございます。ちょっと遅めのご挨拶ですみません。

さて、今年はどんな年になるのでしょうか?

ちょっと楽天ランキング2007で去年売れたものを振り返ってみると、とにもかくにもビリーに明け暮れた1年ではなかったかと思います。

楽天ランキング2007
こちらを見ると、ビリーズブートキャンプ以外はそれほど目新しいものはないようです。コントレックスの躍進がすごいですね。

11位から30位まで
ただ、この11位から30位までを見ると、ちょっと面白いのが、スイーツ福袋などのセットモノがかなりランキングされていること。お店の編集力が試されているとでもいうのでしょうか?セットにストーリーやお得感があるものが30位以内に入っています。あとファッション関連で、そのお店だけのオリジナルモノがいくつか来ています。オリジナリティーのあるかつ、使いやすいオリジナルファッショングッズ。食品ならお得感いっぱいで美味しいセット物。ヒット商品を追いかけるよりも、そんな発信力があるお店が上位に来ていることがとても楽天らしくていいですね。

ジャンル別
ここには今年爆発するかもしれないものもいくつか潜んでいる気もします。
それぞれの4位以下も見てみてください。

今年は、ますます環境への意識が高まると思います。気象や石油高。環境問題は遠い他人事ではなく、身近な生活防衛テーマとなっていると。そんな気持ちをうまく汲んでくれるような、そんな商品や買い物の仕方が、大きな支持を得るかなと思います。そんなものが売れると、いや、売れて欲しいなと願います。

わたしもエコ通販コンシェルジェとして、みなさんのお買い物の考えるお手伝いをしていければと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m


blank_space
2007年07月16日

お中元の贈り方・マナー

お中元のまっただなかですね。
関東は7月1日から15日、関西は8月1日から15日くらいが時期だそうです。
実は我が家はこれから贈ります。最近、何もかも後手後手で。。。

さて、15日づけの日経プラス1でもコメントしていますが、私がお中元やお歳暮などのギフトで心がけていることは
「老舗のお菓子など内容が分かっている有名な商品のほうが安心」
「個性の押し売りは避けるべき」

ということです。

ついつい変わったものを贈りたい気持ちにかられますが(私も結構よくこれで失敗します)、定番がやっぱり一番。

いくつか注意点をあげてみます。

・クール便は避ける
 不在が多い、お中元時期。クール便を受け取るのは相手にとっても負担になります。また、冷蔵庫がいつもあなたの贈り物のために空いているとはかぎりません。主婦にとって、思わぬクール便での贈り物は、結構、迷惑な場合も。。。

・できるだけナマモノは避け、賞味期限の長いものを
 特にお中元の時期は食品の傷みやすい季節。果実などは量より質で、食べきれる量を贈りましょう。ビールやジュースなどの飲み物類や、麺類は、やっぱりお中元の王道。常温での長期保存のできるものを贈るのが、相手への思いやりです。

・カタログギフトは案外うれしい
 以前は敬遠されていたカタログギフトですが、最近はかなり贅沢で夢のあるカタログギフトも増えています。百貨店が監修したものや、リンベルのものなら安心。届いてから注文するまで、家族とわいわい言いながら決めるのが楽しいもの!迷ったらカタログギフトがいいのでは?

・何かあったときに、対応してくれるお店から
 トラブルへの対応力なら、やっぱり百貨店が安心。デパートで買えば、相手ももらって安心です。やっぱりデパートの包装紙の安心感は絶大です。

・どうしても初めてのお店での、初めての商品を贈るなら、自宅買いも同時に
 誰もが知っているお店(デパートなど)、誰もが知っている商品を贈る
 というのが、ベストだと思います。でも、どうしても珍しいお店で、珍しいものを贈りたいと、こだわるならば、自宅でまず買ってみて、それからのほうがいいと思います。もしくは同時に購入すれば、話もはずむでしょう。万が一、何かトラブルがあっても、すぐに謝ることができるでしょう。

・贈る側の満足よりも、もらう側の満足を
 旦那さんの実家や、自分の実家の場合は、必ず贈る前に一言ヒアリングするのがいいでしょう。また、よく贈る相手にも、それとなく希望を聞くことができれば、ベストです。

ギフトは自己表現でもあるのですが、何よりも相手を喜ばすことが重要です。せっかく贈るのですから、相手にとってありがたみのある贈り物をなさってはいかがでしょうか?

わたしが勧めるのは


贈る相手が、関東なら
高島屋

伊勢丹

三越

贈る相手が、関西ならこれに加えて

大丸

阪急

などが安心です。

その地域にある百貨店を利用して贈るといいかもしれませんね。京都の人に伊勢丹、名古屋の人に高島屋というように。

ちょっと面白みに欠けるかもしれませんが、冷蔵庫フリーな贈り物が、お中元では重要だと思います。ぜひ参考になさってくださいね。


blank_space
2007年01月17日

オレンジページ 2007 2月2日号に取り上げられました

orange.jpg■オレンジページ 2007年 2月2日号に取り上げられました。

特集「通販を上手に利用するコツQ&A」163〜165ページに通販の達人として、通販のコツを監修しました。

いくつか紹介したのは、
パーツクラブ ビーズ専門カタログ

PUPS どこでも枕くん

ドイツ製のお香立て

永平寺の豆乳チョコレート

かなり消費者にとっても辛口に注意事項を書いています。ぜひ、一度読んでください。

というか、この号、クッキングブックとの合冊で贅沢すぎ!


blank_space
2006年12月05日

ダカーポ 業界別ベスト10

ダカーポ 2006年 12/20号 [雑誌]ダカーポ 2006年 12/20号 にて業界別ベスト10というコーナーがあり、そこの通販でコメントしています。

たとえば、乗馬型ダイエットマシンという選択のやりかたができなくてNational「ジョーバ」というようにひとつの製品に落とし込まないといけないということで、少々無理があるかもしれないけれど、一応、2006年を振り返る意味で、ここに上げておきますね。あくまで私的考察によるものなので、細かいつっこみは歓迎しますがいぢめないでね。

■第1位 乗馬フィットネス機器 JOBA F National
ロデオボーイなどの乗馬運動器具が売れましたが、やっぱりNationalがこういうものを作ったことに意義あり!でしょう。

■わらびの里 和 一段重 高島屋
いわゆる取り寄せおせちというつもりで2位にあげました。おせちはすっかりデパートで予約するものに変わりましたね。特に最近は自然解凍したらそのまま食べられるものが人気。2人用ペット用なんていうのも、人気です。

■第3位 あなたも味噌職人・米味噌 手作りみそ
これも味噌作りキットの総称であげました。これは私も味噌を自分で作って見て、あまりのおいしさに感動。このように手間暇かける贅沢というのが来年以降も注目されると思います。

■第4位 メタボリック症候群関連商品
病気ではないけれど、おなか周りがたぽたぽしている人は、やっぱり病気予備軍ということで、その予防や効果的なダイエット法などがマスコミを騒がせましたね。これも来年以降も注目です。

■第5位 グリナ 味の素
眠りたいのに眠れない人向けの商品ではなく、眠る時間が少ない人に朝の爽快感を与えてくれる商品です。眠りが深くなるので、わたしもヨーロッパから帰国しての時差ぼけ対策に飲ませてもらいました。これをメーカーサイトのみでの通販でやるというのが、また新しいところです。メーカーサイト限定商品。これも来年以降増えるでしょう。

■第6位 フィットネスクラブが作ったバランスボール
これは愛用品です。普通のバランスボールは球なのでオフィスなどではちょっと危ないのを、輪の形をした固定具をおくことによって、かなり安定します。いいですよ。

■第7位 コントレックス fines bulles(微炭酸)
通販でのコントレックスの勢いはとまりません。今年は微炭酸が人気でした。ちょっと飲みやすくなりますね。

■第8位 ブリザーブドフラワー
特殊加工したドライフラワーの一種ですが、今年はこれをたくさんいただきました。ちょっとしたプレゼントに豪華に見えることから母の日などに人気を集めたようです。

■第9位MP3プレイヤー
これもおもしろMP3がたくさん出たことから上げたのですが、中でも、長野善光寺の八幡屋磯五郎の七味の缶の形のものはおもしろいですね。

■第10位 布ナプキン
これは意外と周囲で使っている人が多いのです。婦人科系の疾患を持っている人を中心にクチコミで広がっているようです。一度使うとやめられないそうですよ。可愛い模様つきのものもたくさんあります。



他にもたくさん紹介したいものがあったのですが、とりあえずこういうラインアップになりました。
みなさんも今年のベストテンなどを頭に描いてみてはいかがでしょうか。


blank_space
2005年11月24日

お歳暮を購入するネットショップの選び方7カ条

日本経済新聞の取材の過程で寄稿したものが現在サイトでも掲載されています。

こちらでもご紹介します。

■■お店の選び方のアドバイス

●お歳暮なので、奇をてらうよりも、定評・安心感のあるデパートやブランドの老舗などのお店から送るほうが喜ばれます。

●誰もが知っているお店か、誰もが知っている商品か、そのどちらかの要素は盛り込みましょう。知らないお店の知らないものは、もらった人も少々戸惑います。

●できれば、値段は明記されていないというのがマナーですが、だいたいこのくらいかな?と予測できるものにしましょう。

●カスタマーサポートがしっかりしているお店で買うのも大切なポイントです。破損や交換などにきちんと対応してくれそうなお店やデパートで購入するのも、相手への思いやりです。

●相手の出身地の老舗など、少々調査をして相手を喜ばすというのも、ワザかもしれません。

●実家や親戚など、少々遊びの許される送り先には、今まで買ったことがないようなお店で買うなどの冒険もいいでしょう。また、そのお店がよければ、次回のお中元・お歳暮で上司など気を使う送り先へ反映させてもいいかもしれません。

●本当に大切な方には、一度自分で取り寄せて、品質やそのサービスなどを確かめてみてもいいでしょう。

プラス

■■品物についてのアドバイス

●蟹など、かさばる冷凍食品は、いきなりもらうと驚くことも多いでしょう。わたしは、避ける派です。

●一番よろこばれるのは、ビールなどではないでしょうか?最近はやりの、高級ビールはお正月にも活躍するでしょう。

●カタログギフトも最近では、かなりよいものが出てきているようです。ぜひご活用を。


お歳暮はモノを介したコミュニケーションです。もらった人と、より親しくなれる、そんな思いやりのあるお歳暮を心がけてくださいね。


blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space