■ギフト☆ガイド by らむね的通販生活  
blueline.jpg  

2015年08月31日

ちょっとしたプレゼントに重宝するのが新宿高野のピュアゼリー

女子会とか、ちょっとした手土産を持参するときのプレゼントって困りますよね。今年の夏は、結構、女子女子した集まりに呼ばれることが多くて、そんなとき、それほど高くなくて面白くて、でもちゃんと美味しくて、名前も通っていてと、非常に優秀なのをよく買いました。

それが新宿高野のピュアゼリー。実は、新宿の埼京線から近い出口にあって、とっても便利だというのもあります。

そして、いろんな種類があって、桃、スイカ、メロンとかいろんな種類を買ってその場で開けてもらって「うわー、メロンだ」「私、スイカ」みたいなちょっとした楽しさがあります。

容器も、ちょい可愛いし。

アマゾンでも扱っていて、賞味期限は常温で120日と長いので、買い置きしておいても便利。ゼリーなので、比較的時期も選ばないし。まあ夏が一番ですけどね。


新宿高野 果実ピュアゼリー/白桃


新宿高野 果実ピュアゼリー/マスクメロン


新宿高野 果実ピュアゼリー/イエローマンゴー


こんなセットもあります

>>続きを読む "ちょっとしたプレゼントに重宝するのが新宿高野のピュアゼリー"

blank_space
2013年12月30日

SPA 2013 12/31・1/7合併号 日本全国鉄板ご当地土産選手権

SPAに取材協力させていただきました。見本誌が来たんだけど、袋とじが気になっちゃって。グラビアもすごいし。娘に見せられないわ。

ただ、この日本全国鉄板ご当地みやげ特集、さすがSPAの取材力。かなりの完成度です。

私が紹介しているのは

マールブランシュの茶の菓[京都]
最近京都出張ではまっています。毎回、かなりの量を買っています。
高島屋でも買えます

トラピスト修道院ガレット[栃木]
これは父が出張のたびによく買ってきてくれた思い出のクッキー。日本のシトー会の食品はみんなおいしいです。

久原本家・椒房庵 イカ柚子麹漬け[福岡県]
これはいただきもの。すごくおいしくて今でもあの爽やかな味が舌に残ります。

Yahooでも買えます

天たつ かにの華[福井県]
これも美味しかった!練ウニが有名ですが、超高級で、お高いので(^_^;)。このかにの華も。ぜひ。

美味しいもの探しの秘訣なども披露していますから、ぜひまだ売ってるSPA見て下さいね!


blank_space
2009年11月12日

生活防衛時のお歳暮のキーワードは、最少コストで最大価値

またお歳暮の季節がやってきました。去年も書きましたが、今年も生活防衛の色合いは薄くなっていません。そういうなかでの、賢いお歳暮の贈り方をご紹介いたします。

ちなみに、お歳暮の時期としては新年(正月祝い)の準備を始める12月13日から20日までに届くくらいが標準です。12月になるとつくケースもありますから、12月に届けば一応よいのではないでしょうか。

さて、生活防衛時のお歳暮は、最小のコストで、最大の価値。これがいちばん!

去年は

鉄則その1 カニなど冷蔵庫・冷凍庫を占領するものは避けるべき
鉄則その2 無難なものが、一番ありがたいことを肝に銘じましょう
鉄則その3 カタログギフトは実はうれしい
鉄則その4 国産、安心、安全にこだわろう
鉄則その5 何かあったときのことを考えてデパートを利用

5つのポイントをご紹介しましたが、これに加えて、送る側のコストの最小化をつとめるのが生活防衛時のお歳暮スタイルです。

1●欲しいものをちゃんと贈る。カタログギフトがいちばん!

もらいたいお歳暮と、贈るお歳暮になぜかギャップがあると思いませんか?50000人のアンケートに見られるように、ほしいものベスト1はカタログギフト(2位ビール、3位洋菓子)だったりするのです。カタログギフトなんて味気ないと思う人も多いですが「ほしいものを、ほしいときに」注文できるカタログギフトは、もらう側にとってはとってもうれしいものなのです。

三越のお歳暮人気ランキングの1位を見てみると

●三越総合ランキング1位の旬味まんさい便。私もイチオシ!
旬味まんさい便


[高島屋のお歳暮 2009]人気ランキングでも、5000円台のトップは、高島屋のカタログギフトである、ユアチョイスギフト

ようやくほしいものと、贈るものが合致し始めたのですね。よいことです。

●高島屋のユアチョイス

>>続きを読む "生活防衛時のお歳暮のキーワードは、最少コストで最大価値"

blank_space
2007年07月16日

お中元の贈り方・マナー

お中元のまっただなかですね。
関東は7月1日から15日、関西は8月1日から15日くらいが時期だそうです。
実は我が家はこれから贈ります。最近、何もかも後手後手で。。。

さて、15日づけの日経プラス1でもコメントしていますが、私がお中元やお歳暮などのギフトで心がけていることは
「老舗のお菓子など内容が分かっている有名な商品のほうが安心」
「個性の押し売りは避けるべき」

ということです。

ついつい変わったものを贈りたい気持ちにかられますが(私も結構よくこれで失敗します)、定番がやっぱり一番。

いくつか注意点をあげてみます。

・クール便は避ける
 不在が多い、お中元時期。クール便を受け取るのは相手にとっても負担になります。また、冷蔵庫がいつもあなたの贈り物のために空いているとはかぎりません。主婦にとって、思わぬクール便での贈り物は、結構、迷惑な場合も。。。

・できるだけナマモノは避け、賞味期限の長いものを
 特にお中元の時期は食品の傷みやすい季節。果実などは量より質で、食べきれる量を贈りましょう。ビールやジュースなどの飲み物類や、麺類は、やっぱりお中元の王道。常温での長期保存のできるものを贈るのが、相手への思いやりです。

・カタログギフトは案外うれしい
 以前は敬遠されていたカタログギフトですが、最近はかなり贅沢で夢のあるカタログギフトも増えています。百貨店が監修したものや、リンベルのものなら安心。届いてから注文するまで、家族とわいわい言いながら決めるのが楽しいもの!迷ったらカタログギフトがいいのでは?

・何かあったときに、対応してくれるお店から
 トラブルへの対応力なら、やっぱり百貨店が安心。デパートで買えば、相手ももらって安心です。やっぱりデパートの包装紙の安心感は絶大です。

・どうしても初めてのお店での、初めての商品を贈るなら、自宅買いも同時に
 誰もが知っているお店(デパートなど)、誰もが知っている商品を贈る
 というのが、ベストだと思います。でも、どうしても珍しいお店で、珍しいものを贈りたいと、こだわるならば、自宅でまず買ってみて、それからのほうがいいと思います。もしくは同時に購入すれば、話もはずむでしょう。万が一、何かトラブルがあっても、すぐに謝ることができるでしょう。

・贈る側の満足よりも、もらう側の満足を
 旦那さんの実家や、自分の実家の場合は、必ず贈る前に一言ヒアリングするのがいいでしょう。また、よく贈る相手にも、それとなく希望を聞くことができれば、ベストです。

ギフトは自己表現でもあるのですが、何よりも相手を喜ばすことが重要です。せっかく贈るのですから、相手にとってありがたみのある贈り物をなさってはいかがでしょうか?

わたしが勧めるのは


贈る相手が、関東なら
高島屋

伊勢丹

三越

贈る相手が、関西ならこれに加えて

大丸

阪急

などが安心です。

その地域にある百貨店を利用して贈るといいかもしれませんね。京都の人に伊勢丹、名古屋の人に高島屋というように。

ちょっと面白みに欠けるかもしれませんが、冷蔵庫フリーな贈り物が、お中元では重要だと思います。ぜひ参考になさってくださいね。


blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space