「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に鳥肌どころか鮫肌になるくらいの感動を by らむね的通販生活

blueline.jpg


2016年11月28日

「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に鳥肌どころか鮫肌になるくらいの感動を

 

いやー、すごい本読んじゃった。
ポールさんこと、加藤順彦さんの、「若者よ、アジアのウミガメとなれ」
現在、kindle無料おためし版が出ています!

ちょっと鳥肌がたって、鮫肌になりそうなくらい、感動しました。

広告業界、そしてIT業界、それからアジアを舞台にしたベンチャーが総攬できる本でありながら、元気が出る、勇気が出る、背筋の伸びる本です。

加藤さん、すごい。すごい方です。知ってたけど、ますます尊敬の念が。その成功と、失敗と、それを全部肥やしにした現在の大成功と。

これは2010年から6年間も主に学生向けに行われた講演を再構成したものだそうで、非常に読みやすく、何よりも若い人が読んで欲しいというかもう、高校生には副読本として全員に読ませては?と、思うくらいです。成人式に無料配布してもいい。

・この20年の広告業界、I一番熱かった業界、企業が伸びるとき、堕ちるとき
・アジアの成長性と注意すべき点
・若さとは何か、老いとは何か
などなど

これから日本人にとって「海外に出る」ということがどういうことなのか。そして、何を見ていけばいいのか、若い人だけではない、老いさばらえた私にも非常に非常に重要で何度も折を見て読み直したいと。

加藤さん、ありがとうございます。加藤さんの成功と失敗と、そしてまた今の大成功を作った勇気。これからいっぱいいっぱい、この本のおかげでウミガメが誕生しますよ。

18歳の娘にもちろん、読ませたい。でも、何よりも私に必要で、そして夫にも必要な、何かがありました。

いつもどこでお会いしても、本当にエネルギッシュで、優しくて、細やかで。そんな加藤順彦さんの本。どうぞ手にとって、そして周囲の若い人たちにプレゼントしてあげてください。




●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

[ ◆本 ]
blank_space


●関連記事
「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に鳥肌どころか鮫肌になるくらいの感動を
シンギュラリティについて一体何を私は知っているのか?
「地方消滅」「地方消滅 創世戦略篇」と「ずっと独身でいるつもり」
日経MJでの「ECの波頭」の連載が日経BP電子書籍になりました
水木しげるのラバウル戦記
のだめカンタービレを大人買い
期間限定 謝恩価格本フェア
[大人の科学]あのメガスター大平さんと作った「究極のピンホール式プラネタリウム」
[ダ・ヴィンチ・コード] 最後の晩餐のなぞ
きみに読む物語
[印象派美術館]私へのごほうび
とうとう刊行!電車男
人体絵本
[10年日記]毎日少しずつ書く
世界の中心で、愛をさけぶ



トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lamune.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1601

blank_space



このサイトについて
blank_space
Twitter-1.png

カテゴリー
blank_space
ワーキングマザースタイル・ワーキングマザーの使える情報クチコミブログ
ワーキングマザースタイル


amnbadge-160a.png

月別アーカイブ
blank_space