らむね的通販生活: 2011年10月

orange.jpg

2011年10月13日

ヤクルトの青汁を選んだ3つの理由

先に結論を言ってしまう。1、安い。2、美味しい。3、阪神ファンだから。3番目は冗談として、いや、阪神ファンなのは冗談でも何でもないんだけど、昔、阪神もヤクルトも弱い時代は、せめてものヤクルト飲み(ヤクルトにだけは勝って、一呼吸する)というようなことが、そっと阪神ファンの間ではささやかれていたのだ。1992年の神宮での涙の連敗くらいから、優勝のかかった神宮では勝てないっていう感じなのだよなぁ。嘆息。

2011_1012_224059.jpg

あ、話戻します。
野菜が本当に高い。産地を選ぼうなら、1個300円くらいになってしまう。北海道産大根が300円とか。ほんと世の男性の皆さま方、食卓に上がった野菜は、奥様方が本当に吟味して探して選んでやりくりしているんですよ。

あ、話戻します。
というわけで、ついつい野菜不足になってしまうために、野菜不足&運動不足の、不足王の旦那のために、青汁を買うことにした。

旦那はこういう健康食品の類が駄目で、健康のために苦い物を無理して食したり飲んだりということができない人。なので、こわごわこのヤクルトのヤクルト 青汁のめぐりを買ってみました。

非常によい。くせがない。
旦那も「これなら飲む」と、断言しました。

結局、これよりももっといわゆる効能があるものってあるかもしれない。明日葉とかケールとか使っていれば、もっと栄養があるかもしれない。

でも、結局そういうのって苦くて、高いんだよね。

おいしくて、安い。結局、長く続けるためには、この2つの要素は、我が家にとっては必須。
まおまおも「にきび治るの?」といいながら、はちみつを入れて飲んでいる。

ちなみに、サントリーとかサンスターなどの、いわゆる一流の青汁は、1杯あたり100円前後のことが多い。でも、このヤクルトのは、30袋で1315円。1杯あたり40円ちょっと。これは本当に助かります。

それと、これは大麦若葉ですが、大分県産大麦若葉を使っているそう。どこの何を使っているかがわかるのは安心。

わたしもいろんな青汁試したけど、

大麦若葉>普通の野菜系>明日葉>ケール
の順で飲みやすいかな?

次は、同じヤクルトのまろやかケールを試してみようかな?

blank_space

2011年10月01日

日経おとなのOFF 「幸福な朝食」をお取り寄せ

ちょっと御報告が遅くなりましたが、10月号にちょこっと載っています。
日経おとなの OFF (オフ) 2011年 10月号 [雑誌]

朝食の定番を御紹介しています。掲載されたのは、

●畠中養鶏場の卵 普段使い 40個 1470円

獣医さんが店長をつとめるという養鶏場の卵は本当にびっくりするほどおいしい。生卵ごはんが最高ですが、これとバターたっぷりで作ったスクランブルエッグが我が家の朝の定番です。

●麻布川越屋 ピーナッツペースト 粒入り・砂糖入り 840円

ここのピーナツペーストを一度食すと、もう他のピーナツペーストは食べられません。夫が大好きで、これが切れるとパニックになるので、冷蔵庫に2つは入れています。

●奥本製粉の湯だね食パンミックス 388円

ふっかふか、しっとりの何とも言えない食パンが簡単に焼けます。イーストは入っていないので、別に買ってください。

その他、

藤原養蜂場 あかしあ 純粋蜂蜜 500g 1,500 円

これも掲載されていますが、これは来栖けいさんのおすすめとして紹介されていました。できる限り自然の状態でのはちみつ作りを続けていらっしゃることで私も応援しています。岩手盛岡の養蜂場。

他にも林檎園のリンゴジュースを紹介しました。川上珈琲は掲載されましたが、また別の機会にここでご紹介しますね。

他の方が紹介しているものも、もちろんすごくおいしそう!松田美智子さんおすすめの、レモンジャムが高いけど食べてみたいな〜

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space