らむね的通販生活: 2010年12月

orange.jpg

2010年12月29日

2010年もっとも熱かったラー油で鍋をする。笠原シェフのラー油鍋

今年はラー油が来ましたね。わたしもたくさんの手作りラー油をいただきました。特にお仕事を一緒にしているMさんのお父様の手作りラー油は、絶品!(またください!(^_^))

いろんな御当地ラー油なんていうのも、出てきましたよね。わたしも中華街にいったときにふらりと買った萬珍樓のラー油もとっても気に入りました。具がいっぱいで、辛さがきつくて、ご飯がすすんでしょうがありませんでしたっけ。 

というわけで、2010年と言えば、ラー油。

そんなときに、オイシックスさんが、「笠原将弘シェフの和風だしで作った極上ラー油鍋」というのを送ってくださいました。

クリスマスのホームパーティーで早速食べましたよー

2010_1226_133011.jpg

すっごく美味しかったです。中一のまおまおにはちょっとからかったみたいですけど、でも、小学生でもこれくらいは軽く食べられるでしょう。スープの出汁に干しエビが入っていて、それが甘い香りで何とも言えない食欲をそそりました。

この鍋のすごいところを、3つあげてみます!

●すごいところ:その1 必要な材料がが全て入っている

2010_1226_095348.jpg2010_1226_132302.jpg

2010_1226_130509.jpg

ほんと、取り寄せればこれと水だけであとは何もいらない。
鶏手羽、豚バラ、豆腐にくわえ野菜もたっぷり。野菜は、にんじん、ねぎ、ミニ白菜、チンゲン菜、もやし、きのこ(注文時によって、多少種類がかわるそうです。)〆の中華めん(これ最高!)まで入っています。至れりつくせり。

●すごいところ:その2 安すぎる

これだけのセットなのに、なななんと、3980円。4人で食べれば1人1000円しません。

●すごいところ:その3 おいしい

やっぱおいしくないとね。お子さんがいらっしゃる場合には、スープは1つにして、市販のだしなどで割ってみてください。干しエビと、カツオ節と昆布という、和風の贅沢な出汁と、鶏肉と豚肉という異素材の醸し出す風味がなんとも言えません。あと、私の大好きな豆もやしが、超おいしい!

我が家のお気に入りの番組である「お願いランキング!」でも大人気の笠原シェフ。笠原さんがオーナーシェフをつとめる、恵比寿の「賛否両論」には、わたしも一度美食のお友達に連れて行っていただいたことがあります。おいしいのに、びっくりするほどお安かったのが印象的。味にも価格にもうるさい女性人気が篤いのも納得でした。また行きたいな〜。

オイシックス
今年は規格外野菜の「ふぞろいの野菜たち」がバカ売れだったそうですね。野菜が高かった影響で、ふぞろいのものもいとおしんで食べてもらえるということはいいことだと思います。



関連ランキング:割烹・小料理 | 広尾駅恵比寿駅


さて、今年のらむね的通販生活も、なかなか記事が書けずにしゅんませーん。今年は、本当に充実したいい年でした。まあ、「いい年でした」なんて言えないいろんな辛いこともあったりもしましたが、まあ、いいんじゃないでしょうか。禍福は糾える縄の如し。また来年も縄のようにいいことと悪いことがいろいろあるでしょうが、悪いことは続かないですからね。みなさまにとって、すばらしい2011年でありますように。美味しいものを取り寄せて、たべる幸せを、また来年も。

blank_space

2010年12月17日

おせち申し込みました

決めてから注文しそびれていたら、あちらこちらのデパートサイトでどんどん売り切れていき、高島屋で残っていたのを注文。ほっとしました。

銀座アスターのものです。すでに売り切れているのでぎりぎりセーフ!


父が喜寿で、お食事会の費用と旅行にでも行ってもらおうとちょっと大きな額を包んだら、速攻で半分返ってきた。うちの両親は、私が両親のためにお金を使うのを極度に嫌う。たまにごくたまにレストランでおごっても、必ず次に会ったときに半分返してくる。まあ、一人っ子ので娘ということで、ものすごく気を使ってくれているのはわかるんだけど。。。というわけで、まあ、半返しの半返しということで、ささやかながらおせちをプレゼントです。

和食のおせちは、やっぱり母が作ったものが最高。なので、今回は中華にしてみました。喜んでもらえるといいな、ていうか、たぶん、まおまおがほとんど食べちゃうんだろうな(最近、食欲マシーンなのです)

blank_space

2010年12月03日

日経ランキング「取り寄せるなら、このクリスマスケーキ」

11月27日付けの日経新聞 NIKKEIプラス1の何でもランキングは、お取り寄せできるクリスマスケーキでした。

審査会にもお呼ばれしてましたが、いつものように結果は新聞を見て「おおっ」l。それに最近は、試食のときにまったくブランド名がわからないまま食べるので、試食のときに写真を撮らないと自分が点数をいれたものが10位以内に入っているのかいないのかさえもわからない状態に。すごくスリリングなんです。

さて、今回は、10位中7つのケーキを私もベストテンにいれたので、7勝3敗ですね。まあまあの成績。にやり。

●第1位  エコール・クリオロ「カフェ・プラリネ・ノエル」
らむね的に4位。これはすごく特徴があって、おいしかったです。
表面にプリントされたサンタさんが可愛らしいのですが、多少そのプリントが安っぽさもあって、評価分かれるかなと思ったら、見事に1位だったので、ちょっと驚きました。キャラメルの甘さとざくざくした食感に特徴があって、クリスマスだけ売るというのはもったいないなーという一品でしたよ。

●2位 ジャン=ポール・エヴァン「ビッシュヴォワヤージュ」
らむね的に7位。

真紅が美しいケーキ。味も上品でした。家族向けではない気がするけど、贅沢な大人向け。食べきれるサイズというのも好感!

●3位 レトルダムールグランメゾン白金「デリスショコラ2010」
らむね的に2位

冷凍ケーキなので、どうしてもムース系が多い中、これは文句なしにおいしかったです。
コメントも紹介されていましたが、苦味の効いた大人味のチョコレートムースで、積み重なったスポンジとムースが飽きずに食べられる。クリスマスケーキはホールで買うので、飽きずにまるごとひとつ食べられるのは貴重でかつ重要な要因だと思います。これは新聞をみたまおまおによって、今年の我が家の食卓に乗ることが決定すました。

●4位 ジュヴォー「フェアリー」
らむね的に3位

これはちょっと衝撃ですよ。クリームののどごしが大変よくて、ふわっとした幸福感がある。とても冷凍ものとは思えない、完成度の高いケーキ。今回の試食会、「本当にこれ冷凍ケーキですか?」と思わずたずねるものが多くて、ほんと冷凍技術あっぱれ。私としてはこれを我が家の食卓にお呼びしたかったわ。

●5位 銀座製菓「ノエルブランシャンパーニュ2010」
らむね的に10位。

断面の層がきれいだったのですが、ちょっと粉っぽさがあったので、私的には順位がもうひとつでした。でもいま写真を改めてみると、ほんときれいですね。ピスタチオのブリュレが上品。

●6位 カフェタナカ「ノエル・フロマージュ」
らむね的に8位

見た目がすっごくにぎやかで、これぞファミリークリスマスケーキ。味もそれほどチーズ臭くないチーズケーキであっさりした甘さ。こういうの、好き!

●7位 ル・パティシェ・タカギ「コフレ・フランボワーズ」
らむね的に9位

フランボワーズやラズベリーソースを入れているケーキがとても多かった中で、味のバランスがさすが!だった一品。ゼリーの入ったケーキは今一つ好きでないわたしも、これはおいしかった。

●8位 ガレー「オランジェット・フラーメ」

これはわたしはちょっといまひとつでした。オレンジ味って意外と好きなはずなのに。なぜでしょう?ちょっと炎をイメージしたという花弁みたいなチョコレートが、安っぽかったかな。

●9位 シェ・シブヤ「ブッシュ・ド・ノエル」

きゃー!!これ、一応私が推薦したお店でした。私はここのモンブランの冷凍ケーキを推薦したのですが、このブッシュドノエルがシェシブヤとは思わず。私的にランク外にしてしまったぁ。大宮の誇る、美味しいケーキショップです。ここのクレームランベルセが死ぬほど好きなのだ!!!!!


●10位 ペニンシュラホテル「クリスマスチョコレートケーキ」
らむね的にランク外

チョコレートケーキが多すぎて、ちょっとインパクトがなかったかな。でも、写真でもう一度みると、また食べてみたい気がします。(^_^)


さて、こうやってたくさん食べるとほんと、冷凍ケーキってもはやまったく生ケーキとそん色がないんだなとつくづく感じました。

今年は、23日から26日とクリスマスが長いので、2つくらい買ってみようかな。

一つは、
まおまおのリクエストによりレトルダムールグランメゾン白金「デリスショコラ2010」

もう一つは、
ジュヴォー「フェアリー」

もしくは、てくてく歩いて、シェ・シブヤ(徒歩3分だったりして)で、買ってきます。

みなさんのクリスマスケーキはどんなのでしょうか?

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space