らむね的通販生活: 2009年11月

orange.jpg

2009年11月19日

[冨久屋]イタリアンロールは絶品!【沼津】

最近のロールケーキブームで、わたしもロールケーキにはすっかりはまっています。チーズケーキも好きだけど、そもそもチーズが苦手。プリンも好きだけど、そもそも卵が苦手。そういう私にとっては、最近のスイーツブームのなかではもっともしっくりきます。ちょっと家に買うスイーツも、ほとんどロールケーキ。旦那に切る分とか、微調整するとコストパフォーマンスもいいしね(内緒)。

さて、先日、母から電話があって、ものすごく長い電話で、ものすごく遠回しのいい方ではあったけど、要は、「大宮そごうで、珍しいロールケーキを限定で売るから、買ってきて」ということらしかった。日本人の美徳である、遠慮と謙遜。美しいことであるが、簡潔に言ってくれたほうが私はうれしいよ。お母さん。

ということで、買いに行くと、一人一個の限定100個。整理券を配られて、2個買うのはちょっと難しかった(ずるっちょして整理券を2枚もらうつわものもいないことはなかったが)、1530円という価格もあって、大人しく1個買ってきた。半分ずつ。

20091117154355.jpg

20091117154527.jpg
薄いクレープが周りを巻いていて、アーモンドスライスがのっているのが絶妙

20091117172547.jpg
クリームにはさまっているのは、栗。びっくりするほど大きな栗もあったりする。

いや、お母さん。ありがとう。君のわがままで、私はこんなにおいしいものが食べられました。幸せです。アーモンドスライスと栗って、私にとっては、江夏と古沢。(つまり、右と左の両エースって感じということです)

ちなみに通販では受け付けておりません。
予約が必要なほど人気だそうなので、沼津にお立ち寄りの前に、電話をすることをおすすめします。

■冨久屋
静岡県沼津市御幸町17−17                 
TEL(0559)31−2275 
営)9:00〜18:00
日曜日休み

さて、しばらくしてから母から電話。「そんなにおいしいかしら?」
お、お母さん。おいしいよー。(悲涙)

blank_space

2009年11月16日

NHK生活ほっとモーニングで取り上げられた、じゃばら

本日、生放送に出演して来ました。室井佑月さんと、假屋崎省吾さんとご一緒しましたが、お話する暇もなく。残念ではありましたが、お二人とも素敵でした♪

番組で、和歌山のじゃばらが紹介されていたのですが、これは先日の試食会でも話題になっていて、なんか聞いたことがあるなと思ったら、春に一度飲ませてもらったと思いだしました。ちょうど、今、楽天のショップでも今年の収穫分の予約をしていて、先週予約をしたところです。早く届かないかな。フラボノイドを多く含んでいて、

平成15年9月には和歌山県工業技術センターより、じゃばらがアレルギーの原因となる、脱顆粒現象の抑制を期待できることが日本食品学会において発表されています。

ということで、花粉症対策として人気を呼んだそうです。

買うは、応援!
その地域だけではビジネスが成り立たないような“いいもの”を日本全国の人が買い支えて次世代に伝えることができるのです。いいお取り寄せは、地方の活性化をうながし、日本を元気にする可能性を秘めている。そんなことを言いました。ほんと、そう思います。

周囲の人に出演を予告すると、自分に無駄なプレッシャーを与えてしまうので、親にも秘密で、レコーダーの予約もしなかったのですが、Twitterで親切な方が、NHKオンデマンドで見られるよと教えてくださいました。(11月25日まで)

Hot

blank_space

2009年11月12日

生活防衛時のお歳暮のキーワードは、最少コストで最大価値

またお歳暮の季節がやってきました。去年も書きましたが、今年も生活防衛の色合いは薄くなっていません。そういうなかでの、賢いお歳暮の贈り方をご紹介いたします。

ちなみに、お歳暮の時期としては新年(正月祝い)の準備を始める12月13日から20日までに届くくらいが標準です。12月になるとつくケースもありますから、12月に届けば一応よいのではないでしょうか。

さて、生活防衛時のお歳暮は、最小のコストで、最大の価値。これがいちばん!

去年は

鉄則その1 カニなど冷蔵庫・冷凍庫を占領するものは避けるべき
鉄則その2 無難なものが、一番ありがたいことを肝に銘じましょう
鉄則その3 カタログギフトは実はうれしい
鉄則その4 国産、安心、安全にこだわろう
鉄則その5 何かあったときのことを考えてデパートを利用

5つのポイントをご紹介しましたが、これに加えて、送る側のコストの最小化をつとめるのが生活防衛時のお歳暮スタイルです。

1●欲しいものをちゃんと贈る。カタログギフトがいちばん!

もらいたいお歳暮と、贈るお歳暮になぜかギャップがあると思いませんか?50000人のアンケートに見られるように、ほしいものベスト1はカタログギフト(2位ビール、3位洋菓子)だったりするのです。カタログギフトなんて味気ないと思う人も多いですが「ほしいものを、ほしいときに」注文できるカタログギフトは、もらう側にとってはとってもうれしいものなのです。

三越のお歳暮人気ランキングの1位を見てみると

●三越総合ランキング1位の旬味まんさい便。私もイチオシ!
旬味まんさい便


[高島屋のお歳暮 2009]人気ランキングでも、5000円台のトップは、高島屋のカタログギフトである、ユアチョイスギフト

ようやくほしいものと、贈るものが合致し始めたのですね。よいことです。

●高島屋のユアチョイス

●カタログギフトといえば老舗のリンベルも忘れてはいけません
カタログギフトのリンベルの2009年 御歳暮

アマゾンからも買えます

カタログギフトなら、何よりも無駄がでません。選ぶのは、もらい手にまかせる。選択権こそ、最大の贈り物だと思います。

2●早割り、インターネット割を活用する

ボーナスが出てからどっと混み合う年末のデパート。混雑の分散やお客さんの囲い込みのために、大手デパートでは、11月中に早割りや早期申込プレゼントを実施するところが多いです。店舗、インターネット、どちらかでやるデパートと、インターネットだけでやるところとあるようです。またインターネット割というのも、あります。活用しない手はありませんね。

阪急百貨店のお歳暮
インターネットからだとずっと10%オフで、かつ送料無料。来店だと11月中は最高で15%オフです。
ここ何年かの食の安全志向を重視したコーナー有機JASコーナーが注目。手頃、安心、上質の三拍子そろっています。

西武百貨店のお歳暮
インターネット、来店いずれも5〜15%の早割りを実施。インターネットなら抽選でプレゼントが当たるチャンスも。

三越のお歳暮
インターネットからだと、全品送料無料です。抽選でプレゼントがあたるキャンペーンも。
独自の商品開発に力をいれている三越。今年の注目は、個包。おひとり様、少人数家族にぴったりです。

大丸のお歳暮
カタログの価格から11月中は15%オフ。送料は全国一律210円。インターネット注文なら、プレゼントが抽選で当たるキャンペーンを実施。

高島屋のお歳暮 早期お買上げ特典<フォション>プチバッグプレゼント
割引はありませんが、1万円以上お買い上げの先着1万名にフォションのプチバッグをプレゼント。

松坂屋のお歳暮
11月30日までに1万円以上注文すると、抽選で商品券や牛肉が当たります。インターネットからだと送料も無料です。特徴的な商品としてはホテルニューオータニのスープ詰め合わせ
一流ホテルのスープは常温で保存できて、かつ、贅沢な気分も味わえます。

3●生活必需品もしくは備蓄品を贈る

昔、お歳暮の鉄板的存在つまり贈って間違いのない商品としては、ビール、洗剤、油が定番でした。最近の定番を断言させていただいちゃうと、缶詰、米、肉かと思います。長く置ける缶詰、絶対にどの家庭でも消費するだろう米、そして水産物などよりも冷凍庫を占拠する体積が少なく、比較的みなが鉱物である肉類(ハムなども含んで)かと思います。

そもそもお歳暮とは、お正月に使う食料品(昆布など)を送るのが起源ですが、保存できるものというのも一種の定番です。特にインフルエンザ対策や防災意識の高まりから、食糧備蓄につながるものに注目が集まっています。常温で保存でき、賞味期限が長い、防災時でなくても美味しく食べられるちょっと贅沢な缶詰やスープがおすすめ。

わたしが個人的にほしいなと思うのが、高級スープや高級レトルト。

●高島屋の[ホテルニューオータニ]スープ缶詰詰合せ(714321/286)

●資生堂パーラーのレトルトカレー全5種ギフトセット。これはよくもらったり、あげたりします。


4●ご自宅向けは、お歳暮の贈り先の定番に
なんといっても一番贈ってあげたいおうちは、我が家だったり。ここ何年か、ご自宅向けにもう一品とか、包装なしで安く購入というコーナーも人気を集めています。

阪急百貨店
キッチンストック特別販売
いわゆるわけありを包装なしで、お得な価格で放出しています。

伊藤園 15種類の旬野菜ジュースが60缶で3150円。これは安い!

また少量タイプもご自宅向け需要として最近どのデパートもコーナーを設けています。

[高島屋のお歳暮 2009]贅沢かんたん少量
少量だけど、ほんと贅沢な美味が並んでいます。素敵なコーナーですね。

5●貯まったポイントや商品券を消化する

最後は買い方のご提案。エコポイントや、各ショップでためたポイントやもらった商品券をこういうときに消化しましょう。ポイントで贅沢をすると、節約になりません。贅沢をするために消費をするという意味のない行動になってしまいます。貯まったポイントは使わざるをえないものを買うために使うのが得策です。


6●その他注目のお歳暮コーナー

[高島屋のお歳暮 2009]安心・安全・エコギフト

[高島屋のお歳暮 2009]迷ったらナビ
ナビゲートをしてくれます

ちなみに、我が家はいつも高島屋です。(^_^)

高島屋

blank_space

2009年11月10日

第13回 オンラインショッピング大賞 グランプリは「わんのはな」

■グランプリは「わんのはな」
wan.jpg


愛犬のアレルギーがきっかけで、わんちゃん専門のオーガニックショップを開設。犬は人間よりも体が小さいので、人間よりももっと食べ物の影響を受けやすいそうです。だからこそ、無添加にこだわって、ドッグフードを開発しています。お客さんを集めてのパーティーをしたり、さまざまなアクションを起こしるそうで、ちょっとお話を聞いて感動してしまいました。今、取り組んでいるのは、「食と住環境」「捨て犬」「ワークドッグ」「動物実験」「ブリーディング」「教育と躾」だそうです。

魅力的な商品としては、愛犬も人も使える自然ケアということで、みつろうで作った肉球オイル。これ、リップクリームなど人間用のクリームとしても使えるそう。冬はがっさがさの唇になってしまう私としては、見逃せません!

ペットフードの市場は、今や年間2700億円規模。スナック菓子の2800億円に迫る勢い。そのなかで、無添加というニッチではあっても確実に犬を愛する人に訴求するショップは、今後もいろいろな意味で楽しみかと思います。また犬を飼いたくなってしまった。


■最優秀大規模サイト賞は、越前かに問屋「ますよね」
masuyone.jpg

授賞式は欠席していらっしゃいましたが、とても魅力的なカニ中心のお店です。カニも一時期のブームから競争が厳しくなって、スイーツとか水産物以外のものに手を広げるところも多いけれど、水産物一筋というのが、好感持てます。

カニ一匹を処理するのは下手なので、この足だけというのは魅力的。蟹のおいしい季節ですね。


■最優秀中規模サイト賞は、水郷のとりやさん
suigo.jpg

ここの店長さんとは昔からお知り合いですが、すごく素朴な感じの方ですが、すっかり大御所になりました。クリスマスの季節にはローストチキンなどの大賑わい。

今、いちホん人気なのがこのレバーペースト。売り出すとすぐになくなってしまうそうです。工場ではなく、工房にこだわる。そんなお店です。


■最優秀小規模サイト賞は、山内鮮魚店
yamauchi_00001.jpg

実は今回一番心をつかまれたのがここのお店。写真が訴えるシズル感が抜きんでていました。店長さんにお話を聞くと、やっぱり前職カメラマン。ご実家の鮮魚店を新しいセンスで、ネット展開なさっているのが成功の秘密でしょう。

それと、安い!ここのホタテのわけありは、9枚から13枚の2キロ送料込みで、なんと1999円!

「ホヤは九州からの注文が多い」なんていう面白いお話もいただけました。


■奨励賞は、財布などのファッション通販S本店
shiraishi.jpg

ここも好きでした!S本店という名前が「何々?」という感じですが、白石さんがやっている白石商事だからの「S本店」だそうです。

スタイリッシュな極小財布は、ひとつ欲しいなと感じさせるし、独自サイトだけどレビューやアフィリエイトなどの工夫もあります。サイトの作りもとってもシンプルでおしゃれ。一見さんでも、買ってみたいなと思わせる魅力と安心感があります。


ということで、今回は食べ物(人間の)が3点と、その他2点というバランスでした。また素敵なショップに会えますように。


blank_space

2009年11月05日

ケンコーコムシンガポールから第二類薬品を個人輸入

薬事法改正にともなう省令により、通販で買えなくなった第一類薬品と、第二類薬品。本当に不自由。どんなに大きいドラッグストアでも、取り扱っていないものは買えない。本当に不便。

ネットユーザーのなかには憤慨している人も多いのでは。そんな方に福音。ケンコーコムがシンガポールに子会社を作りました。海外邦人向けに日本の医薬品を販売するサイトです。その名も、ケンコーコムシンガポール

kcs.jpg
日本からも、個人輸入扱いで購入が可能!排卵検査薬や妊娠検査薬、リアップや水虫薬などが、購入できます。

私も早速オープン当日、気になっていた漢方の四物湯(しもつとう)を買ってみました。

20091105113432.jpg

20091105113755.jpg

通常のケンコーコムからの購入と何が違うのか?

・注文から届くまで1週間前後かかる。
通常のケンコーコムは3日前後で届くことが多いのですが、シンガポールからは1週間ちょっと(10月26日注文で11月3日到着)かかりました。

・医薬品副作用被害救済制度の救済対象とはなりません。
個人輸入扱いなので、医薬品副作用被害救済制度の対象にはなりません。

・返品は受け付けてもらえません

・送料は650円
通常のケンコーコムは、送料490円で3900円以上送料無料。
ケンコーコムシンガポールは、送料650円で8000円以上で送料無料。

・一番の違いは、第一類と第二類が買えること!
買えるって本当に素敵なこと。そもそも第一類のなかに第三類に入っていてもおかしくないようなものが多いと思うのですが。

一つ一つの商品の説明も丁寧。社外取締役をとつめているっていうこともあるのですが、6月の省令施行からよく短期間でここまでできたなと、感慨深くもあります。

リテラシーの高いものは報われるべきだし、消費者に選択の環境を与える場は守られるべき。
通販がリアル店舗よりも劣っているという、対面原理主義が覆される契機になりますように。

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space