らむね的通販生活: 2009年09月

orange.jpg

2009年09月30日

ウィルス対策に置くだけのクレベリンゲル

新型インフルエンザが静かに進行していますね。知人にも何人も「実はかかっていた」とか「家族がかかっていた」とのこと。

手洗い・うがいなど、できることを淡々とやり、もしやと思ったらすぐに、自治体のHPに書かれている相談すべき医療機関に相談するというのがいいかと思います。

あと、かかってもなるべく重症化しないようにと、免疫力を高める工夫をしています。ハーブティーやプロポリスなど。

また、除菌効果のある空気清浄機も売れているようです。我が家にあるプラズマクラスター空気清浄機は古いタイプなので、除菌効果は今売っているものよりは弱いだろうけど、買い換えるというほどでもないしと、悩んでいたら、ありました。

置くだけで室内の除菌をしてくれて1980円。クレベリンゲル

どういうシステムになっているかというと

ポンとおくだけ!
空間に浮遊するウィルス・菌・ニオイを除去!

■特許 濃度長期保持型 二酸化塩素分子のチカラ! 置いておくだけで持続的に浮遊するウイルス・細菌を除去し、カビの生育を制御し、トイレや生ゴミ等の不快な臭いを消臭します。

二酸化塩素は除菌・消臭成分としての働きがあり、わが国においては小麦粉漂白処理剤の食品添加物および、浄水処理用として使用が認められています。

二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウムに比べ、きわめてトリハロメ タンを発生しにくい特徴を持っています。

だということで、ちょっとプール臭いにおいがします。

20090927175637.jpg
効果はリビングなら2ヶ月間だそうです。(トイレなども2ヶ月間)
かなり品切れが多いので、2個購入(4か月分)

20090927175711.jpg
扱いは簡単。粉をキャップをとって中に入れるだけ。

20090930193430.jpg
部屋の隅に置いておきました。

150gのものと60gのものがあって、クレベリンゲルで検索して安いものは60gです。150gのほうが得かと思います。

製造元は、ラッパのマークでおなじみの大幸薬品

大幸薬品 クレベリン情報

正露丸だけじゃないのね。

blank_space

2009年09月22日

ユニクロシューズ買ってみた。バレエシューズはあまりにデザインが。。。

ユニクロシューズをさっそくネットで買ってみました。
17日に注文、20日に到着。注文が殺到しているはずだけど、なかなか早い到着。

靴の他にもいろいろ買ったのだけど、メインはやっぱり靴。

WOMENラウンドバレエシューズ+ 1990円。

20090921131740.jpg
細身の箱がユニクロイズムを感じさせる(倉庫はミニマム→物流コストの低減)

20090921131853.jpg
置いてみてのデザインは悪くないんだよね

20090921132123.jpg
こういう工夫、かわいい!

20090921132216.jpg
ひょえー!足の付け根が見えちゃうし。私の足の指が長いのか。そんなことはない。

なんかこの感じって、袖はあるのに、脇の下が見えてる感じ。
同じバレエシューズでもギャザーバレエシューズ+ならもうちょっと甲までかくれます。こっちを買うんだった。


●良いところ
・安い。
・ソールの部分が工夫満点。ハート形のジェルが歩いた時にいい感じ。
・バレエシューズは履き始めのとき、かかとが結構擦れていたいんだけど、それがない。
・箱の中でとっても丁寧に梱包されていた。こういう品物へのリスペクトがユニクロはいい!安物を安物として扱わないところ。

×悪いところ
・デザインがダメ。これじゃ、素足で履けないよ。バレエシューズは素足で履けるのがメリットなのに。なんかみっともなくて、ストッキングを履かざるを得ない。ストッキングが必要なバレエシューズって、少し残念な感じ。(街で履くときに)

人気のバレエシューズブランドで比べると、どちらかというとレペットっぽいデザイン。もっとトリーバーチのような、つま先の部分がスクエアタイプをしていて広いもののほうが履きやすいのではないだろうか。少なくとも通販には向く気がする。

まだユニクロ大型店66店、ビュー事業店舗99店、ジーユー70店、ユニクロオンラインストアでしか買えないそうなので、欲しければ通販でってことになるんだけど、通販で買うには危険ということがわかった。ブーツも欲しいんだけど、店舗で履いてみて買います。ユニクロさん、店舗でなくても安心して買えるバレエシューズ、お願いします。

※シューズ展開しているユニクロのショップはここ

追記
一日中、履いてみた。
右のかかとがすれていたくて、びっこをひいた。
でも、これは素足でバレエシューズをはくとなりがち。もう少し履きなれると、たぶん大丈夫になると思う。(結局、素足で履いている奴。)

blank_space

2009年09月15日

日経朝刊のDELLの広告に登場させていただきました

ご覧になった方も多いかもしれません。朝からたくさんの方に電話とかメールとかいただいて、感謝です。ああいう紙面に載せていただいて一番うれしいのは、久しく連絡を取っていなかった人から思わぬメールなどをいただくことですね。サイトのほうにもちょっと載っています。

起業したときに購入して以来、現在2代目愛用中の足かけ6年のDELLユーザーなので、お話をいただいたときはとてもうれしかったです。

私はデジタルツールをそこそこ使いこなすことはできても、細かいスペックについてはかなり暗い方。だからこそ、自分が購入するPCが何なのか、納得して買いたい。そういう人間にとって、DELLの思想はすごく自然に受け入れられるものなのだ。

あと、ダイニングテーブルで仕事をしているのがばれてしまっています。(別に隠していないけど)
うちのダイニングテーブルは、食事と仕事と勉強と会話と、まあかなりいろんなことをやってくれているスーパーツールなのだ。Kitchen Table Writerとよばれる作家たちがアメリカにいる。日常生活の延長線上で仕事をする人たち。私もそう。残念ながらうちのキッチン。テーブルをおけるほど広くないので、Dining Table Workerというところか。

本日の紙面でも私のオンラインショッピングへの考え方をほんとうに素晴らしくまとめていただいています。なかでもキーワードは「ライフライン」。買い物を丁寧に、でも最小のコストで。それをかなえるツールであること。それを私は常に言いたいのです。

私たちの世代は、本当にたくさんのことをやるように要請されている。社会から、親の世代から、政治から、経済から。稼げ、産め・育てろ、消費しろ。それを本当に丁寧にやったら時間がいくらあっても足りません。だから、オンラインショッピングというものを、それぞれの価値観で、さまざまな場面で、活用したいのです。しなければもはや生きていけないのです。

ますます素晴らしい買い物環境をつくるために、オンラインショッピングの楽しさと有用性を消費者に、もっと消費者にとって有用な買い物を提供してほしいということを事業者に、両者の幸福なコラボレーションを守ってほしいということを行政に、笑顔で訴え続けたいと思う今日この頃なのです。どんなに微力ではあっても。買わないことも含めての、広義の買い物のパワーは、消費者が思っているよりも大きくて強いはず、だから。

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space