らむね的通販生活: 2008年10月

orange.jpg

2008年10月29日

食べ飽きない「もち吉」のおせんべい【福岡】

世の中がたいへんなときは、基本に戻るのが一番。ということで、贈り物は奇をてらったものよりも、だれもがよろこぶおかきが一番です。

大好きなママ友によくいただく、「もち吉」のおかき。すっかりファンになってしまいました。ほかの会社のおかきよりも、塩味が薄いので、しつこくないのです。軽くてばりばりというよりはぱりぱりという印象。

2008_0321_144311.jpg

2008_0408_085721.jpg

2008_0408_085908.jpg

そのママ友いわく、福岡に出張に行くと、後輩が田んぼの真ん中でタクシーを止めて買いに走るほど、偏愛していたそうで、それがママ友に移り、そして私に移り(今、ここ)、そしてこれからみんなに移る。

セットは季節ごとにいろいろ出るのですが、ちょっと甘みのある歌舞伎揚げの希林あげと、こめほのかははずせません。

もち吉 公式サイト

■、もち吉 楽天店

もち吉 アウトレット
自家用のわれせんや、小袋入りのものがあります。200円以下のものもあるので、大重宝!

アマゾンでも買える!!

blank_space

2008年10月23日

新栗の季節 甘納豆専門店 雪華堂 (せっかどう)の栗納豆【東京・赤坂】

毎月、何度か赤坂見附に行きます。そこで通りかかるのが、この雪華堂。以前、楽天で出店していて、「村山らむねの超楽天主義」で取り上げたことが。そのときのおいしさが忘れられず、赤坂で見つけて、おおっと思っていた。たまに、御家庭用の小袋を買います。

20080926124218.jpg
お店です!赤坂田町通りです。

20080927234727.jpg
大納言・栗・お多福のご家庭用です。
セールだったので栗が600円、大納言とお多福豆はそれぞれ280円でした♪

20080928000551.jpg
栗は新栗!おいしい!!
でもおすすめは、ちょっと苦味のあるお多福豆。これはかなり濃厚な味で、癖になります。やわらかくて手がべたべたになるんですけど。でも、おいしい。

私の母が、甘納豆好きで、いわゆるボンボニエールに入れてちまちま食べていたのを思い出します。なので、母にもたまに買ってあげます。(今回は買っていない。これ、読まれるとまずい)

■公式サイトは現在リニューアル中。

雪華堂 ヤフーショッピング店

●私のおすすめは、栗・大納言・お多福が入ったセットです。
お年を召した方へのご進物用にもおすすめ。


赤坂 雪華堂 (せっかどう) (和菓子 / 赤坂見附)
★★★★ 3.5

blank_space

2008年10月16日

アマゾンに食品・飲料ストアがオープン

アマゾン食品ストアがオープンしました。

amazonfood.jpg

さすがアマゾン。リアルでの有名店舗である、聘珍樓 とか、ジョエル・ロブション ブティックをそろえたり、ネットでの有名店の、北国からの贈り物や、釜庄など、楽天でも人気のショップを集めたり。ラジバンダリ。

まあ、アマゾンとやるということで乗ったのでしょう。日本では1年以上前から様々な準備をしていたようなので、満を持してということでしょう。ワインの充実もすごい。

配送料は各ショップごとに任されていて、Amazonの1500円以上無料には該当しませんし、プライム対象でもありません。カートのところにそれぞれショップからログインしているアカウントまでのの送料が明示されています。(そのあたりは楽天よりも親切かも)

消費者は生活全体がアマゾンにからめとられていくような、事業者も事業全体がアマゾンににじりよられていくような、そんな感じがいたします。魅力にぞっこんだからこそ、ある一定の距離感を持って対峙したほうがいいんじゃないかなぁと、囁く声が聞こえてきます。いえいえ、ほんと、好きなんですけどね。ネット通販における楽天率・アマゾン率・独自ドメインショップ率は、↑ ↑ → の私。これでいいのかなと、最近、いろいろ考え込んでしまいます。

blank_space

2008年10月10日

蒟蒻畑はもう買えない?

蒟蒻畑が製造中止だそうです。正直、今回の製造中止は消費者の一人として嘆かわしいことと感じています。詳しくは、のほうに書きましたが、完全な安心安全は消費者も努力しなければ獲得できません。製造者だけではどうしようもないのです。製造者にばかりその責任を押し付けたら、これから何も買えなくなってしまうかもしれません。

ということで、わたしも大好きな蒟蒻畑。マスカット味、桃味、マンゴー味が好きです。まおまおも大好き。痩せるためにというよりも、あの感触とつるんとしたおいしさの虜の人も多いでしょう。しばらくは買えなくなるでしょうね。昨日、マツモトキヨシで買いだめしている人を見ました。

ネットでもすごい勢いで売り切れています。

完全に通販だけで売るというのもアイデアかも。祈!復活です。

blank_space

2008年10月06日

消費者保護を規制のお題目に使うな

最近の厚生労働省は一体どうしてしまったのか?後期高齢者保険制度における説明不足、年金の改竄。これだけ国民をあざむくようなことをしながら、9月17日に厚生労働省より発表された『薬事法施行の一部を改正する省令案』では、郵便その他の方法による医薬品の販売等が規制強化され、インターネット通販では、大半の風邪薬や便秘薬、漢方のお薬、痔の薬、水虫薬、妊娠検査薬などが買えなくなるとのこと

これはどういうことなのだろう?消費者保護のため?

薬剤師や薬剤師を常駐させれば売れることになったコンビニくらいしか利するところはないと思う。消費者の利便性を明らかに無視した省令案で、あきれてしまう。

私は出産後しばらく、目の前の通りにあるドラッグストアに行くことができなかった。赤ちゃんと一緒に外出できなかったし、3階の階段を上り下りすることができなかったから。ちょっとした水やお米、ちょっとしたものはすべてネットで買っていた。唯一のライフラインだったのだ。杉並在住だった私でさえそうだ。

24時間あいているコンビニでさえ行けないひとがどれだけたくさんいるのか、厚労省の人は知っているのだろうか?完全に健常者発想だ。

一人ひとりの生活がどうなっているのか。便利なコンビニであればだれでも利用できると思っているのか。駅前であれば誰でもすぐに行けると思っているのか。

たいへん悲しい発想だ。現在パブリックコメントを受け付けているが、言葉が通じるのか。無力感を感じる。

規制緩和からの揺り戻して、多くの場面で規制強化がなされようとしている。なんと金融庁は、最近ネット通販などで使われている代引き決済やコンビニ決済にも、規制を導入しようとしている。

規制自由化から、規制強化へ。そのお題目として、消費者保護を使うのは本当にやめてほしい。消費者から利便性をとりあげて、安心・安全という名の過保護でスポイルすることは、本当にやめてほしい。

というわけで、わたしもパブリックコメントに挑戦します。みなさんも、ぜひ、消費者としてどんな世界を望んでいるのか、厚生労働省に意見を送ってみてください。

メール送付先:yakujikisoku@mhlw.go.jp

========================================
[件名] 薬事法施行規則等の一部を改正する省令案について
[宛先] 厚生労働省医薬食品局総務課

[氏名](必ずご自分の実名をご記入ください)
    ※法人の方は会社名と部署名を明記ください
[住所](必ずご自分の住所をご記入ください)
[職業](個人の方は“会社員”などご職業を記入ください)
[電話番号](必須です)
[FAX番号] (必須です)
[意見] 該当箇所 郵便その他の方法による医薬品の販売等
-------------------------
薬局開設者又は店舗販売業者は、その薬局又は店舗以外の場所にいる者に、
郵便その他の方法による医薬品の販売又は授与(以下「郵便等販売」という。)
を行う場合、次の1〜3に掲げるところにより行わなければならない。
1 第三類医薬品以外の医薬品を販売し、又は授与しないこと。
--------------------------

[意見内容] (上記箇所に、賛成です、反対です、など)
[理由] (上記意見内容の、理由を記載ください。)

=====================================

ネット通販いじめではないかということで、楽天の三木谷社長からも抗議をしたということだが、ネット通販業者いじめというだけでなく、ネット通販ユーザーいじめでもある。

どうか、厚生労働省様、本来の業務である、

社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進、並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする。

というのを真摯に受け止めてほしい。多少の大企業優遇はしかたないとは思うけど、過度な弱い者いじめはほんと、やめてください。お願いします。

ケンコーコムの社外取締役をつとめているから、ということもあるが、こういう消費者保護をかさにきた、事業者いじめや、自分のリスクで利便性の幅をひろげてきたネットユーザーの翼をもぐような局面が、正直、じわりじわりと増えてきた気がする。経産省の委員会にはいくつか呼んでいただいていることもあり、どうにか、保護されるだけの消費者ではない、リスクマネージメントのできる消費者として、またそのように今後消費者行政が消費者の適正な利益を守りつつ、消費者を自立できるように育てる努力をするようにシフトしてほしいと、提言し続けており、また今後もするつもりだ。経産省は、保護一辺倒から消費者の適正な利益の確保、そのための情報提供についてかなり、私から見て良い方向に動いていると思う。しかし、他の省庁の、規制緩和からの揺り戻しについては、なかなか発言の機会もないので、今後はがんがんパブリックコメントを利用していきたいと思う。

そうそう、パブリックコメント、今後はトラックバックセンター化して、自分のブログにエントリーしたものをリンクする形でできるといいな。パブリックコメントのブラックホール化を避けられるから。

blank_space

2008年10月05日

[コート・クール]バトンケーキはコクのあるケーキ

「とんねるずのみなさんのおかげでした」 の食わず嫌い王に出演した高嶋ちさ子さん(2008/06/19放送)のお土産。コート・クールバトンケーキ。現在、大宮Dilaのマンスリースイーツに出店して、フランボワーズ、マロン、パッションの3種類を10日ごとに1日限定10本ずつ、売っています。マロンを予約してゲットしてきました。

小ぶりなケーキで2100円。

20081004233937.jpg

20081004234336.jpg

20081004234708.jpg

アーモンドとココアで焼き上げた生地で、ガナッシュにフランス産の栗を使用したマロンクリームをサンドしました。 まろやかで、高級感のある味が人気の秘密。金箔がのっています。

すごくコクがあって、濃厚なんだけど、さっくりした下層の生地が、後味をひかない。ちょっとした手土産としていいかもしれないけど、5切れくらいに切るのがちょうどよくて、一切れ400円と考えるとなかなかのお値段。ケーキを5つお土産にするのと、迷うところです。マロンクリームはお酒に過度に頼っていないところが好感が持てます。食いしん坊の我が家の自宅用としては、もう一つボリューム感に乏しいかなぁ。

コート・クールは、アメリカの素朴なケーキであるブラウニーをおしゃれなものにアレンジして人気を呼んでいるそうです。

一度、ブラウニーのほうも食してみたいもの。

cote cour (コートクール) (チョコレート / JR恵比寿)
★★★☆☆ 2.5

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space