らむね的通販生活: 2007年02月

orange.jpg

2007年02月28日

[ベルメゾン]ルボンディール カタログは届いたらすぐ注文!

最近、一番お気に入りの、ルボンディール。わたしのようなおばさんが買っていいのか?と疑問に思いつつ、カタログがくるとすぐに注文するようにしています。

だけど、今回、1週間くらいぼんやりしていたら、案の定、欲しかったワンピースやジャケットなど、売り切ればかり。ちょっとがっかり。

それでも、めげずにいくつか注文し、在庫があったオレンジのカーディガンが注文してから2日でやってきました。そう。在庫があれば、早いんです。ベルメゾンネット

DVC30012_M.jpg

●注文ポイント
・カタログが来たら、もうすぐにネットで注文が必須ですね。わかっているんですが、今回は失敗でした。
・私は、ルボンディールでは、11号。普段は9号でもOKな私ですが、このカタログは、9号ではちょっと苦しい。

●ルボンディール カタログを請求するなら

ベルメゾンネット

●ルボンディール カタログが届くのが待てずに今すぐカタログの内容を見たい&注文したい方は

ベルメゾンネット

●カタログの雰囲気を見ずに、すぐに買いたいなら、トップページの右の検索窓に、ルボンディールと入れるのが買いたい方には一番早いです

ベルメゾンネット

blank_space

2007年02月24日

[Cath Kidston]キャスキッドストンのバーゲン

以前も書いたキャスキッドストン。今、わたしがレスポを買うので利用したインポートブランド総合ショッピングサイト [ee-shopping]にて、キャスキッドストンバーゲンをやっています。

2006_0424_000258.JPG
去年買ったお気に入りのテーブルクロス

わたしも以前から欲しかったトートバッグや、買ったはいいけど、たぶん使わないだろうエプロン(→汚れるのがいやだから)、などたくさん買いこんでしまいました。

一時の流行の勢いはないとはいえ、あの気持ちが明るくなるようなポップな柄は、ほんといいですよね。

すでに売り切れがどんどんでていますから、気になる方は急いでください。

レスポのバーゲン(40%オフ)もやっています。

インポートブランド総合ショッピングサイト [ee-shopping]

blank_space

2007年02月22日

[HATTING]北欧デンマーク ハッティングの冷凍パンと焼き方のコツ

パルシステムを利用していると、なかなか普段はお目にかかれないようなスグレモノのブランドに出会うことがある。

最近出会った「ハッティング」もそれ。

調べると日本では業務用にしか扱っていなくてパルシステムで買えたのは、パルシステムがたくさん仕入れたから。(つまり業務用)

これがとっても美味しかったんです。

2007_0131_121545.jpg

2007_0131_161450.jpg

2007_0131_161533.jpg


小麦粉だけでなくライ麦粉細粒が含まれているので、色がちょっとくすんでいます。おしゃれなカフェなどでオープンサンドを作って出されるかも。ジャムやペーストとももちろん合ったのですが、でも、サンドイッチ系のほうがより合うかもしれません。

どうしてこういうふうに冷凍パンがおいしいかというと

パンに含まれている水分が、急速冷凍することによって乾くことなく、食べられるから

なので、包装からとって食べるときも、水分を無駄に乾燥させずに、焼くのがとっても重要なんです。

一度取り出して解凍するときも、最小限の時間で解凍すると、水分が逃げません。
そして、ホイルをかぶせて焼き、仕上げにホイルをとって焼く。
そうすれば、かなりおいしいパンが食べられます!

毎週購入できるものではないので、もっと買って置けばよかったと後悔するのでありました。

生協の宅配パルシステム

blank_space

[久兵衛]節分の恵方巻に久兵衛の太巻き

銀座の店舗はもちろん、銀座三越の地下1階でも売っている、久兵衛の太巻き。美味しいですよね。
今年の節分は土曜日だったので買いに行きませんでしたが、後日店舗でお寿司をいただく機会があったので、母にお土産に購入。な、なんと2400円です。(夜は3000円、三越などでは2500円)

2007_0202_112940.jpg
三越では入荷時間を問い合わせてみてください

2007_0206_171141.jpg

2007_0206_171254.jpg


通のおもたせというページによると、

具は、付け焼きにした穴子と、すり身の芝海老入りの玉子焼きが主役。板摺りしたもろきゅう、甘辛煮の椎茸と干瓢、茹でた車海老が脇を固める。シャリは石川県産のコシヒカリ。伝統の技を尽くした最高の厳選素材を、愛知県三河湾産の柔らかな焼海苔でぐるりと巻く。

とのこと。

切れているのも安心。ただ、節分のときは、丸かぶりしないといけないので、切れていないのを調達してくださいね。

まあ、太巻き好きのわたしに言わせれば、母の巻いた太巻きもなかなかのものです。


久兵衛

blank_space

2007年02月20日

2007年02月19日

[元祖松屋]鶏卵素麺はかなり甘い 【福岡・博多】

九州は、鶏肉や卵を食材とした名品がたくさんありますが、なんといっても代表は鶏卵素麺


Wikipedia
によると、

元々ポルトガルの菓子で、ポルトガル語ではfios de ovos(卵の糸)と呼ばれている。いわゆる南蛮菓子として長崎の平戸に伝わった。日本人で最初に製造したのは博多の松屋菓子舗の初代松屋利右衛門と言われる。松屋菓子舗の創業は1673年。

という大変由緒のある銘菓です。

2007_0128_204719.jpg

以前、会社の後輩が買ってきてくれて、あまりの美味しさに絶句したことが。それを覚えていて今回、福岡空港の岩田屋で買ったのですが、ちょっと甘いかな。ちょっとというか、かなり甘かった。

2007_0128_204807.jpg

2007_0128_204807.jpg

たまに物産展でも出ているようですが、どうしてもあの甘美なる甘さが体験したくなったら岩田屋のオンラインショッピングから購入できます。

岩田屋
松屋 鶏卵素麺

おみやげで購入するときは、「そのまま切って食べて」と断りましょう。

注意書きによると、

「この菓子は形がそうめんに似ていますので、湯などをかけられる御方もあるように聞き及んで居ります」

とあります。こう書いてあると、正直やってみたくなっちゃいますが。(^_^)

blank_space

2007年02月18日

[椒房庵]七味明太子は辛いけど美味い 【福岡・博多】

やっぱり明太子を買わないと始まらないかなーと、思い、購入。

ちょうど、前日、椒房庵のヒトと飲んでいて、いかに原料にこだわっているか、滔滔と語られてしまった。そこまで語られたら、買わないわけにはいかない。

たとえば、色。明太子と言えば、あの毒々しい赤い色を思いますが、この椒房庵のは、色にムラがあるそうです。それは無着色だからだそうです。

さっそく、その方のおすすめの、七味めんたいこを空港の売店にて購入。

普通の明太子は当然のことながら、一味。でもこの七味もきっと合うはずということで

試行錯誤の末、原料は唐辛子・胡麻(白・黒)・青海苔・山椒・陳皮・麻の実・芥子の実に決まりました。 よく七味唐辛子に使われる材料ばかりですが、めんたいこのうまみと七味の風味がさりげなく溶け合うよう、配合バランスや量の加減にはかなり苦労しました。

2007_0205_194801.jpg

2007_0205_194858.jpg

2007_0205_195002.jpg

ご飯によく合う

実際、「からーっ」と言うよりは、風味が豊かな美味しさのほうが先にたって、あとから「やっぱり、からーっ」という感じです。

スパゲッティーなどに使うよりは、ひたすら、もうひたすらご飯に合う!一度おためしあれ。(ご飯はちょっと多めに炊いておくと、超ハッピー)

椒房庵の博多辛子明太子

七味めんたいこ

blank_space

2007年02月14日

[対馬逸品屋]対馬沖あわび 活きアワビの食べ方

福岡出張でお会いした対馬新聞社の多田さんが、まあ、ものすごい大量の試食品を送ってくださったおかげで、我が家はもう、海産物天国。

まず、発泡スチロールを開けると、たくさんのさざえとそして、箱に元気よく吸いついたあわびが!!

2007_0208_161914.jpg

がんばって箱からひっぱがすと、もう暴れる暴れる。怒れるアワビくん。

旦那に「ねえ、捌ける?」と聞くと、動いているアジのたたきでさえ食べられないひ弱な旦那は、力なく首を横に振る。(わたしは動いているお刺身、全く平気です)

というわけで、とりあえず元気すぎるので一昼夜冷蔵庫の変換室をパーシャルにして、4枚のあわびくんたちにお休みいただいた。「今度会うときは、ちょっと静かになっていてね」と。

翌日の夜。すでに息絶えたかと思ったら、まだ生きてる!おそるべし。あわびの生命力。

最初は説明書の通り、しゃもじで身と貝をひっぱがそうとしたけど、はがれない。なので、貝を縦にして、包丁をも縦に入れていく。(危ないので気をつけて)

そうすると柔らかく動いていたアワビが、硬くなって扱いやすくなる。なんとなく生物から、食材に変わったという感じ。罪悪感から、期待感へ。

2007_0209_202046.jpg

厚めに切って、お刺身に。まだひくひく動いてはいるが、おいしい!!!

2007_0209_202311.jpg

まおまおも台所にやってきて、「うまそー!!」と絶叫している。うーん。野生なやつ。いいぞ。

2枚お刺身に。

あー、至福の時間。最初のあわびと、2枚目のアワビ。微妙に味が違う。コリコリ!

涙が出そうなくらいおいしい。

「ちょっとかわいそうだね」というまおまおに、「私たちが食べているものは全部生きているものの命をストップさせて、食べているんだよ。豚肉だって、牛肉だって、野菜だって、みんなどうにか生きようとしているものを、人間が無理矢理食べているんだよ。だから感謝して、ごめんねって言って、残さず、おいしく食べようね」

神妙なまおまお。旦那を含めて、「生理的に動いているものが食べられない」というような人が、私は生理的に嫌いだ。だから、動いているあわびを見て、「おいしそう」と発するような女性でいてほしい。いつまでも。(自分も初日は動き回るあわびにひいていたことは、すっかり棚に上げるのであった)

あとの2枚は、2日後に天ぷらにして。ゴムのような触感が絶妙。揚げすぎないのがコツ。

2007_0212_191000.jpg

対馬逸品屋

原田さんの海の幸 対馬の天然あわび
本当に安さとおいしさに、びっくりします。このセットがおすすめかな。

度胸のある方は、もちろんついたらすぐに捌いてください。わたしも次回からは、すぐに捌けます。(たぶん)

●注文ポイント
・あわび漁は、地域ごとに解禁が違います。(日本は細長いのでね)
・対馬のあわびの旬は12月下旬の漁解禁から、4月いっぱいです。

blank_space

2007年02月06日

[MAZET]マゼのプラズリン 2007サロン・ド・ショコラで見つけたもの

恒例の伊勢丹「サロン・ド・ショコラ」で、購入したなかの一品が、これ。会場全体を包む甘い香りの犯人が、このマゼのプラズリン。会場内にかなりでかい、機械がはいっていて、作っては試食で配っていたので、かなりの人たちが、おいしさにつられて購入していました。

もちろん、わたしもその一人。

2007_0205_164707.jpg

2007_0205_164658.jpg

まだ日本でステディーには購入できないようなのが残念。
缶が可愛いですよね。

プラズリンとは、ローストしたアーモンドに、砂糖とバターをからめて作るお菓子みたいです。家でもやってみようかな。

MAZET
短いパリ滞在では、見つけられませんでした。こういうおいしいお菓子、たくさんあるんだろうなぁ。

blank_space

2007年02月04日

[Pascal-caffet]パスカル・カフェのホットショコラに涙

日本橋や京橋付近にお仕事にいくことが多くて、よく日本橋高島屋、日本橋三越にふらりと行きます。特に日本橋高島屋はなんとなく大好き。

先日もセールをしていたので、婦人服売り場でふらふら。キャシャレルでスカートを購入。ついうれしくて、パスカルカフェで、お茶しました。


2007_0119_121448.jpg
チョコレートドリンクとショコラ1個のセットで900円にもうひとつショコラ280円をつけて

2007_0119_121448.jpg
コーヒーガナッシュの「パレオール」と、ピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネ「ピエモン・レ」

ここのホットショコラは、ずっとここにいたい!と思うほど、なんだかもう心まで溶けてしまいそうに美味しい。フランスの女性ショコラティエがショコラを淹れてくれるんですが、職人魂を感じるようなまっすぐな感じの女性で、なんかいい感じなんです。

チョコレートを2つつけてもらって、素敵な時間をすごしました。カフェは婦人服フロアだったわりには、男性比率が高し。男性も好きなテイストなんでしょうね。

2009_0212_031123.jpg
6個入って2205円(2009年バレンタインの、クライアント用チョコレートでした)
入っていたのは
・ポルト デスプリ
・クール スリジェ・ブラン
・クレ マジック
・ピエモン・レ
・ヴァニーユ ブルボン
・パレ オール

・本命の彼に ★★★★★
・誤解させる義理チョコに ★★★☆☆
・自分のために ★★★★☆
・家族や職場で ★★☆☆☆

★★★★★が満点

Chocolatier Pascal Caffet

パスカル カフェ 日本サイト
日本公式サイトからも購入可能です。キャラメルも魅力的。
4個で1470円のセットがあるので、だいたい1個当たり350円くらい。

パスカルカフェ楽天店


2007 タカシマヤのバレンタインデーのコーナーでは、ルロワ女史との企画商品があり。

blank_space

2007年02月03日

2007年02月01日

[卵の庄]釜出し半熟ちーずたまごん

先日、九州のショップさんに招かれて、福岡に行ってきました。

ものすごーく楽しかったですよん。屋台、天草大王、シーホークなどなど。ふぐを食べるチャンスはなくて、それだけが残念。博多といえば、ふぐという印象だったので。

だけど、ほんと楽しいひと時でした。九州の店長さんたちは、気のいい人たちばかりで、げらげら笑ってばかり。ありがとうございました。

なかでも、この卵の庄の美人店長畠中さんはみんなの尊敬を集めていて、「組長」などと呼ばれていました。飲みながら、運営の秘訣をぽろりぽろりとおっしゃっていましたが、メモにとりたいような至言ばかり。感動いたしました。

そして、火曜日にはお礼と言って、卵やチーズケーキなど試食品をたくさん送ってくださいました。お礼したいのはこちらなのに。

今日、さっそく、チーズケーキを食べてみました!

2007_0131_232113.jpg 釜出し半熟ちーずたまごん

2007_0131_232145.jpg
シールが可愛い

2007_0131_232330.jpg
一口サイズでかわいい(ひとくちではたべられません)

2007_0131_232726.jpg
くちの中で、ふわっ

チーズケーキというよりも、チーズ風味のタマゴケーキ。やわらかい、懐かしい味。

無添加なので発送日より4日間の賞味期限ですが、あっという間になくなりそう。栞に

お菓子の職人ではなく、お菓子のおかあさんのいるたまごん工房

とあるのですが、すごくよくわかる!お母さんの味なのです。

筑前飯塚宿 たまご処 卵の庄

【たまごやの手作りチーズケーキ】釜出し半熟ちーずたまごん

実は共通の趣味なんかもあって、以前から仲良くさせていただいていたのですが、こんなに素敵な商品と魅力的なショップ運営をなさっていて、かつ子分(!)のたくさんいる方とは存じ上げず。ほんと、ありがとうございました。

また九州、呼んでくださいね!

blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space
月別アーカイブ
blank_space