クリスティーヌ・フェルベールのジャム by らむね的通販生活

blueline.jpg


2006年09月12日

クリスティーヌ・フェルベールのジャム

 

パリのおみやげに買ってきました!友達に「パリに行くの!」といったら、「絶対にクリスティーヌ・フェルベールのジャムを買うべし」といわれて、メモメモ。進められたギャラリー・ラファイエットではなく、ボンマルシェで購入しました。

ボンマルシェ食料品館(La Grande Epicerie)は本当に楽しい♪

2006_0823_175633.JPG2006_0823_172131.JPG

もうわくわくしちゃうくらいのおいしそうな食料品のパラダイス。ジャムもものすごい種類あって、それでも一番目に付くところにありました。かわいいお帽子みたいな布でくるまれていてすぐに見つかりました。

すかさず、ジャムの中ではとにかく大好きなマーマレードを購入。家族は、イチゴジャムとかが好きなんだけど、フランス語でイチゴがわからないという理由で、とにかくマーマレードにしました。1こ、6.11ユーロでした。(900円前後)

2006_0909_125150.JPG
かわいい布のお帽子が目印

2006_0909_125445.JPG

普通のジャムよりちょっととろり

帰国していろいろ調べると、このクリスティーヌ・フェルベールさん。すごい人らしい。

著名な料理家やパティシエ達から高く評価され続けている 『 ジャムの妖精 』 クリスティーヌ・フェルベール。世界中から沢山のオファーが寄せられるなか、手作業での調理方法にこだわり、季節ごとに限られた瓶数しか出荷しない、芸術的と称されるコンフィチュールです。

アルザス(日本で言えば軽井沢?)に、たくさんのお店を持っているらしいです。チョコレートもものすごくおいしいらしい。アルザスでとれた旬の果物を鍋でジャムにするなんて、なんか日本の沢屋みたいな雰囲気?

コンフィチュールというのは、フランス語でジャムのこと。日本でコンフィチュールとわざわざ言う場合は、今までのジャム作りに捕らわれない、新食感のジャムのことを指すようです。

そういう新しい流れをつくったのが、このクリスティーヌさんらしく、そのあたりは詳しく書かれているものをご覧あれここも詳しいです。

ちなみに、このクリスティーヌ・フェルベールのコンフィチュール、日本で買えないのかと探して見ると、種類は少ないものの楽天などでは1600円台で、伊勢丹新宿店地下1階でも1500円台からありました。

でお味なんですけど、すごく自然な味。「Orange sanguines」という種類ですけど、自然な食感、自然な味。あまり甘くなくて、パンの食感が生かされます。ふたをあけたときの、なんともいえないオレンジの香りが悩殺的です。

今度は、アルザスの森のブルーベリーのコンフィチュールを買ってみたい!




●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


●関連記事
【MAZET】マゼのプラズリン
[CHARABIA]シャラビア 可愛いフランスの子供服
[KUSMI TEA]クスミティー
クリスティーヌ・フェルベールのジャム



トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lamune.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/580

タイトル: グルメなお取り寄せ、コンフィチュール
内 容: グルメな「コンフィチュール エ プロヴァンス」のご紹介です。 いろんな味のジャム、平たく言えばグルメなジャム コンフィチュール エ プロヴァンス ...
From: お取り寄せ大好き!お取り寄せグルメ!お取り寄せスイーツ
Date: 2007.10.03
blank_space



このサイトについて
blank_space
Twitter-1.png

カテゴリー
blank_space
ワーキングマザースタイル・ワーキングマザーの使える情報クチコミブログ
ワーキングマザースタイル


amnbadge-160a.png

月別アーカイブ
blank_space