夢の江戸歌舞伎 by らむね的通販生活

blueline.jpg


2004年09月03日

夢の江戸歌舞伎

 

まおまお3歳頃の超お気に入り。

子供って、ぺったりした絵が好きかと思えば、「ウォーリーをさがせ」のような、異常に細かい絵が好きなことってありません?おねんね前の絵本として、ある時期ずっとご指名をうけていたのが、この本。

夢の江戸歌舞伎
絵本 夢の江戸歌舞伎

とにかく大人も絶句します。この絵のすばらしさ!!アマゾンのアフィリエイトをつけておいてこんなことをいうのもなんだけど、お願いだから、一度、書店で手に取ってから買ってください。値段も高いしね。

本文もいいけど、うすっぺらい解説が、新書を読むくらいに読み応えあり。お芝居というものが江戸の暮らしとどのように結びついていたのかが、まるで絵から聞こえてくるような、におってくるような、そんな感じがする本です。

子供をミュージカルにつれていくと、大人から白い目を向けられること、ままありますよね。歌舞伎なんて赤ちゃん連れて行ったら、もうその親は、即アウト!でもね。昔は子供もこういうエンターテインメントの世界に気軽に連れて行けたのよ。ハレの空間に、えらい人も、じいちゃんも、ばあちゃんも、子供も、赤子も一緒に同居していたのよ。ふぅ。

そんなおおらかな江戸の芸能空間を、ぜひただよってみてください。

ちなみに、まおまおは、各ページに生息する猫を数えるのが好きでした。





●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


●関連記事
「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に鳥肌どころか鮫肌になるくらいの感動を
シンギュラリティについて一体何を私は知っているのか?
「地方消滅」「地方消滅 創世戦略篇」と「ずっと独身でいるつもり」
日経MJでの「ECの波頭」の連載が日経BP電子書籍になりました
水木しげるのラバウル戦記
のだめカンタービレを大人買い
期間限定 謝恩価格本フェア
[大人の科学]あのメガスター大平さんと作った「究極のピンホール式プラネタリウム」
[ダ・ヴィンチ・コード] 最後の晩餐のなぞ
きみに読む物語
[印象派美術館]私へのごほうび
とうとう刊行!電車男
人体絵本
[10年日記]毎日少しずつ書く
世界の中心で、愛をさけぶ



トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lamune.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/86

blank_space



このサイトについて
blank_space
Twitter-1.png

カテゴリー
blank_space
ワーキングマザースタイル・ワーキングマザーの使える情報クチコミブログ
ワーキングマザースタイル


amnbadge-160a.png

月別アーカイブ
blank_space