「らむね的通販生活」はカタログ通販・オンラインショッピング・海外通販・お取り寄せなど通信販売を楽しむ人のための総合情報サイト

らむね的通販生活


2016年02月05日

NIKKEIプラスワン何でもランキング「お取り寄せ鍋 名店を味わう」の評価に参加しました

日経プラスワン(1月30日日曜日)の、人気コーナー「何でもランキング」の採点試食にお呼びいただきました。今回は私が選んだものと、ランキングに残ったものがほぼ同じでうれしかった。

こちらにも情報がありますが、リンクがないので、リンク集としてお使いください。

●1位 人形町今半 東京都中央区
牛すき焼き 3人前 12960円
黒毛和牛肩ロース600グラムに、野菜、割下、卵がセットされています。
http://store.imahan.com/shopdetail/000000000025/ct5/page1/price/
これはもう、文句なしでしたね。割下もおいしかった。

●2位 山翠本店 水戸市
元祖あんこう鍋 2〜3人前 6696円
内容:国産あんこう400グラム あん肝50グラム、野菜、うどん、だし昆布、濃縮タレ
http://www.sansui-mito.com/eshop/ankou.html
意外とおいしかったのが、これ。濃縮タレは味噌仕立てなんだけど、あんこうの臭みが消えて、絶品でした。
安さも、魅力。

●3位 魚三 長浜市
カモ鍋 2〜3人前 5076円
内容:天然鴨半羽分スライス
http://item.rakuten.co.jp/biwako-uosan/a-003/
私はこれを1番にしました。鴨好きなので。ほんっとうにおいしかったですよ。値段も良心的です。

●4位 料亭 古串屋 下関市
国産養殖ふくちりセット 2〜3人前 8964円
内容:とらふぐ切り身300グラム、自家製ポン酢、小ねぎ、赤おろし、だし昆布
http://shop.kogushiya.jp/shopdetail/006000000001/006/O/page1/order/
これも美味しかった!これを2番にしたかな。ふぐ大好きなので\(^o^)/
10月から4月までの提供だそうです。
ふぐの刺身もおいしそう!

●5位 料亭 やまさ 大分県宇佐市
すっぽん鍋 2人前 6800円
内容:すっぽん切り身200グラム、エンペラの湯引き、甲羅酒用の甲羅、特製ポン酢、だしなど
http://yamasa-suppon.com/products/nabe/
すっぽんは、大好きです♡。よく中野の久松 http://www.hotpepper.jp/strJ000142581/ に行きました。思った以上にあっさりしたお味です。なんだか得も知れぬ、元気になった感があるのが魅力ですね。

●6位 水源亭 京都
軍鶏すき焼 1人前4000円
内容:肉、卵、野菜、こぶだし、割下
http://suigentei.com/shopping_home/ 注文はリンク先の電話かFAXにて
これも好きでした。しゃもの歯ごたえがなんともいえない。お店に行ってみたい。

●7位 薬師庵 京都
京の鴨鍋 3〜4人前 6480円
内容:鴨肉200グラム、つみれ100グラム、野菜、つゆ、柚子酢、うどん
http://www.yakushian.co.jp/?cat=3
ここのつみれもおいしかった。

●8位 博多もつ鍋 蟻月 東京渋谷
白のもつ鍋 2〜3人前 4104円
内容:もつ300グラム、スープ、ちゃんぽん、薬味など
http://www.arizuki.com/item/
匂いがすごい主張していました。

●9位 鴨専門店カナール 島根県雲南市
合鴨しゃぶ鍋セット 3人前 5400円
内容:合鴨ロース肉300グラム、つみれ100グラム、野菜、スープ
http://kamonabe.jp/?pid=1742289

●10位 スギモト 名古屋市
名古屋コーチン鍋 3人前 5400円
内容:ぶつ切り 400g、モモ・ムネ切り身 240g、三角つみれ 300g、コーチンスープ 200g×2
http://item.rakuten.co.jp/oniku-sugimoto/kochin-005/
これも美味しかったですよ。
ものすごいコスパがいいと思います。

鍋はみんなでわいわい食べるのが本当に幸せ。
家族でも、お客さんが来るときなど、週末に合わせて注文するといいですね。
はー、幸せな主食でした。

blank_space
2016年02月03日

デジタルマーケティング年鑑2016に寄稿しました

越境ECについて寄稿しました。見本誌頂きましたが、分厚い!!デジタルマーケティング年鑑2016なんと779ページです。お値段も16200円!!

事例が豊富。広告に関連する会社の電話帳のようにもなっていて、まさにデジタルマーケティングに関わる人必携。でも、すっごい分厚い。どこに置こうか、悩みます。




blank_space
2016年02月01日

スポーツ用5本指ソックスを愛用中

ださー(*´ω`*)の代名詞だった五本指ソックスもすっかり定着し、温活だったりに無くてはならない存在になっていますね。私は実は家では冬でも裸足だったりする、冷え性克服人間だったりします。

これ、話すと長くなるんですが、私は結婚前、ちょっと自律神経失調症気味で、めまいがひどかったり、あと冷え性もひどかった。このままでは、結婚できない!(一応、相手は決まっていた)と悩み、幸せな結婚生活を送るために、鍼灸院を探し(論理展開に飛躍があるのは本人承知)、毎週通ってました。

「病気じゃないのが不思議です」と言われるくらい、ストレスによる不健康だったらしく、体のどこに鍼をさされてもお灸をされてもまったく気が付かないほど、体が麻痺していたらしい。

中でもひどいのは、冷え。手足の冷えが壊滅的ということで、毎回行くたびに、三陰交にマジックで印をつけてもらい、お灸をしてました。

家で毎日やっているうちに、ある時突然、「あちっ」と来た。つまりようやくそのツボが反応したのです。そこから、ぐんぐん冷え性がよくなりました。いやー、東洋医学、すばらしいわ。

なので、今では、家で裸足になるほど、裸足のゲンキ。冷え性とはおさらばえ〜。

だけど、5本指ソックス。今、愛用中。というのも、ジムで走ったり歩いたりするのに、ソックスを履かねばならぬ。それでソックス買おうとアマゾン見てたら、スポーツ用五本指ソックスがあるのです。ランナーにも人気とか。メンズが圧倒的に種類が多くて、レディスは種類が少ないんですけど、取り寄せてみました。結構いいです。4足で1296円。右と左のマークもついてます。【スポーツ専用5本指靴下】 ランニングやスポーツジム、サイクリングなど大活躍 | レディースソックス | 5本指ソックス | 4足セット

もちろん冷えもありません。

そうそう、ブーツの時、タイツを履くのがあまり好きではないので、スパッツにソックス履いてブーツ履いちゃいますが、そういう時に限って飲み会がお座敷で焦る。冬の飲み会は、できるだけテーブル席でおねがいしますよ。

ちなみに、使ってたお灸は市販のせんねん灸。今は効き目で様々でてますね


blank_space
2016年01月12日

「地方消滅」「地方消滅 創世戦略篇」と「ずっと独身でいるつもり」

こんなに折り目と書き込みを多くした本は久しぶり。
地方消滅、結局その先にあるのは、日本消滅ということなんだよね。
ほんと、あまりに明白な痛い事実なので、反発する人も多かったのだろう。どんなビジネスをする人も絶対に読んでおくべきです。

ここで大きくフィーチャーされる、20才から39才までの女性の人口の推移。彼女たちをどう定着させるか、そして20歳から35歳までの女性に対する結婚についてのサポート。これが非常に語られる。女性からすると、複雑な記述もあるけれど、子供を産めるのは39才までで、40才以降はかなり厳しくなってくるのは事実でもあるので、まあ仕方がない。

戦前の「産めよ、殖やせよ」の再来については非常に危惧して入るが、この状況で「産めよ、殖やせよ」はだめだよねと、言っていていいのかな?とも思う。少なくとも「産めよ、殖やせよと直接的には言わないけれど、産んで、殖やしたら、得だよ」というくらいの政策は待ったなしなんじゃないかな。

と思ったところで、ちょうど一緒にAmazonで運ばれてきた漫画が、「ずっと独身でいるつもり」

おじさんたちの「20才から39才までの女性」に期待することについての、まるで返歌のような読み物です。雨宮まみさんは、独身女性の気持ちを上手く汲み取って共感を得ているコラムニスト。この方の、マイナビの連載を漫画にした作品です。コラムをまとめたものも出版されています。

全女子共感度100%とあるけど、さすがに私は共感できないと言ったら、「ママは、女子じゃない」と熱く反論された。悪かったね。

とはいえ、どうして人口が減っていくのか、そしてそのキーファクターである若い女子がどのようにそれについて考えているのか、絶望的なくらいに、原因と結果でした。増田寛也先生に、「ずっと独身でいるつもり」を読ませたい。

若くて愚かでないと、たぶん結婚なんてできないんだな。今、結婚しないという選択肢のほうが圧倒的にかっこいいんだよ。というか、もうどうして結婚しないといけないのか、完全に見失っているんだよ。それについて、既婚子ありの私も、口をつぐむだけ。

増田先生と、雨宮まみさんの、対談とかしてほしいな。出産適者が、なぜ出産当事者にならないのか。そこをつかないと、地方消滅に突き進むだけ。

[ ◆本 ]
blank_space
2016年01月07日

Mac向けの年賀状ソフトはあまりに選択肢が乏しい

今年もどうぞよろしくお願い致します。
って、もう7日ですよね。なのに私はようやく年賀状を書き終えました。
本当にすみません。

というのも、インターネットとつながず、だましだまし使っていたウインドウズマシンがそろそろ本当にやばくなってきたので、通常仕事をしているMacにて年賀状も作ることにしたのですが、データ移管がまったくできない_| ̄|○

もう、ゼロからデータ入力ですよ。その割にはよくがんばれたと思いますが、年賀状ソフトがMacは選択肢がなさすぎる。Windows用が2000円台で筆まめとかいろいろあるのに比べ、貧弱すぎる。

安い「筆楽名人」が1370円、高い「宛名職人」が6744円。もう判断の余地はありません。安い方でどうにか頑張るしかなかったのですが、ダメすぎる。同じ会社の住所をコピーとかできずいちいち打ち込む。レイアウトもへんてこりん。でもなんとかがんばりました。来年の年賀状は楽になる、はず?

たぶん、こちらは高いだけあって機能も充実なんでしょうけど6000円以上って。。。
こういうところにケチるからよくないんだろうな。

何はともあれ、Mac向けの年賀状ソフトの貧弱さ。
どうかもうちょっと安くて賢い、Windows向け並のものが現れますように。

フー疲れた。

blank_space
このサイトについて
blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space


月別アーカイブ
blank_space


相互リンクブログ
このブログを登録 by BlogPeople

掲載希望の方は、当サイトをリンク後に info@lamune.comまでご連絡ください。
blank_space