「らむね的通販生活」はカタログ通販・オンラインショッピング・海外通販・お取り寄せなど通信販売を楽しむ人のための総合情報サイト

らむね的通販生活


2014年09月06日

ロボット掃除機をなんとなく使わなくなった私にとっての #dyson360eye

とうとうダイソンがロボット掃除機を発売することになりました。15年の春発売だそうで、世界に先駆けて日本で、10万円以上(朝日新聞より)で発売されるとのこと。

我が家にも、ルンバがあります。でもなんとなく使わなくなりました。まあ、家で仕事をすることが多くなったというのもありますが、

●なんかキレイになっていない感じがする
●玄関の1センチ強の段差で、唸っていることが多い

スイッチを押して家を出ても、だいたい玄関の段差で力尽きており、「うーん、ちゃんと仕事したのかな?」と不信感が増すばかり。

ロボット型掃除機を使っている人の、この、なんかキレイになっていない欲求不満感を見事に解消したのがこの「dyson360eye」です。創業者のジェームス・ダイソン氏が登壇した記者発表に招かれて、実物を見てきました。

そして、今までのロボット掃除機と、dyson360eyeがどう違うのかを、チェックしてきました。

>>続きを読む "ロボット掃除機をなんとなく使わなくなった私にとっての #dyson360eye"

blank_space
2014年08月02日

アメリカでKOMBUCHAがヒット中!私も昆布茶が飲みたくなったけど、

今、アメリカでは空前のKOMBUCHAブーム。ブルックリンのインキュベーション工房でも、kombuchabrooklynがKOMBUCHAキットを売りだしています。

konbucha.png

へー、アメリカでも昆布茶が人気なんだ、久しぶりに飲みたいなと、大宮ルミネの富澤商店で、化学調味料無添加のひしわの梅こんぶ茶を買ってきて、美味しく飲んでおりました。

紀州梅粉末も入って夏バテに最高!と飲みながら、アメリカの昆布茶ブームを見てみるかと調べてみると、どうもおかしい。アメリカでのKOMBUCHAは、昆布茶ではなく、紅茶キノコらしいのです。ぎゃー!!

紅茶キノコとは、日本でも流行った発酵飲料。
アメリカではいろいろなフレーバーをあるみたいで、ブルーベリーとかハイビスカスとかレモン&ジンジャーとか。アメリカのアマゾンではこんな感じ

そして完全に廃れたと思った日本でも、結構静かに流行っている?楽天でもいろいろなKOMBUCHAが入っています。

どうやら発音は「コンブッカ」というらしい。

うーん、わたしは昆布茶(コンブチャ)で、いいや。

blank_space
2014年07月26日

お菓子のように甘い、包丁で切ろうとすると果汁がはじけとぶ、ホワイトショコラという名のとうもろこし

生でも甘くて美味しいと評判の、ホワイトショコラ、きたーーーーー!

茹でるか電子レンジでの加熱が紹介されていましたが、蒸し器でふかしてみました。

この透明な真珠のような艷やか
わたしは蒸すのが一番おいしいと思う。

10本で4860円、送料込み。1本500円近いと思うと結構贅沢な夏のおやつ。
3本はすぐに同じマンションの方におすそ分け。あとは、夕飯に、土曜日のおやつにと。
早めに食べたほうがおいしいです。

朝採れで直送されるので、ついてすぐはナマで食べられるそうで、私もすぐにかじりました。超甘くて超美味しい。

北のフードソムリエ

>>続きを読む "お菓子のように甘い、包丁で切ろうとすると果汁がはじけとぶ、ホワイトショコラという名のとうもろこし"

blank_space
2014年07月17日

キャス・キッドソンの折りたたみ傘は軽くて小さくて、まずまず丈夫

キャス・キッドソンの折りたたみ傘は、2本目。以前持っていたものは、どこかに行ってしまいました。わたしは娘を疑っていたのですが、「家族を疑うのはボケの症状」と、ピシャリと言われて、疑惑はうやむやとなっております。

泣く泣く、二代目を購入。今度は、今まで使っていたものよりもより小さいものにしてみました。軽い、小さい、そして何より乾きやすい。ハンドバッグに入れられる折りたたみ傘として重要な点。この3点さえクリアしていたら、基本、ものすごく使うものなので、最悪多少上部かどうかには目を瞑ろうと思います。


小さいです。


広げても小さいです。

>>続きを読む "キャス・キッドソンの折りたたみ傘は軽くて小さくて、まずまず丈夫"

blank_space
2014年07月13日

六本木のかき氷バー「yelo」が本格的に美味しすぎ

六本木の話題のかき氷バーの「yelo(イエロ)」に行ってきました。77歳の母が、NHKの情報番組で見て、「行きたい」とリクエスト。80歳の父も連れて3人で行ってきました。店内は、女性グループとカップルだらけ。好奇心旺盛の両親と、私。いえ、浮いてなんていませんでしたよ。

店内はテーブル席10席と、カウンター席6席という非常にこじんまりとしていて、セルフのお水と暖かいルイボスティーがありました。このお茶が、かき氷で冷えたお腹に、優しい感じでした。


六本木交差点から3分ほど


氷は純水を使っているそうです。


キャロットマスカルポーネや、アボガドマスカルポーネなど、「えっ?」というものがあって、私は今回は抹茶にしてしまいましたが、たまたま行った日の夜に「マツコ&有吉の怒り新党」でたまたまマツコが食べていて、キャロットを絶賛していた。ちなみにキャロットは14時過ぎに行ったら、売り切れていました。


とにかくフツーのかき氷の「しゃりしゃり」感ではなく、「ふわっふわ」な感じの氷。わたあめみたいな舌触り。くせになります。

ちょっと多いかな?と思ったけど、あっさりあっという間に平らげました。
私は抹茶でアーモンドトッピング。

母は、4種のベリーにミルクゼリートッピング

父は、いちごみるくにミルク多め。

真夜中まで営業しているそうなので、飲んだ帰りとかいいかもしれないし、冬も食べに行きたくなる、「ここだけ感」がありました。

人工的な味ではなく、すごく本物感のあふれる、飽きのこない味。早速、また来週行ってきます!あまり大人数で行くと一緒に座れないと思うので、4人マックスくらいで行って、別の種類を選んで、いろいろ頬張るのがお勧めです。次回は、変わり種を頼むぞー!!

yelo

地図

>>続きを読む "六本木のかき氷バー「yelo」が本格的に美味しすぎ"

[ ]
blank_space
このサイトについて
blank_space
カテゴリー別アーカイブ
blank_space


月別アーカイブ
blank_space


相互リンクブログ
このブログを登録 by BlogPeople

掲載希望の方は、当サイトをリンク後に info@lamune.comまでご連絡ください。
blank_space